小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



トマトソースが好き過ぎてごめんなさい。

少し前まで「好きな食べ物は?」と聞かれたら、
「オムライス」と答えていたのですが、
実はオムライスそのものが好きではなかったのだと、
今、しみじみと思います。オムライス、ごめんなさい。
トマトソースが好きだったのです。


オムライスのチキンライスにトマトソースが、
そして、オムにトマトケチャップがかかっているから、
好きだったのだろうな、でもチキンライスの鶏肉も、
卵も米も好きだから、やはりオムライスが好きなのか。


いや、違う。その中でもっとも好きなのが、
トマトソースなのだ。だからミートソーススパゲティや、
鶏肉をミートソースで煮たものが好きです。


で、何が言いたいかというと、


別に、これといって、
取り立てて言いたいことなんてないんですけど、


今日の夕飯がミートソーススパゲティで、
それが好き過ぎて、狂ったように食いまくったら、
なんと15分間で体重が2キログラム
増えていたということです。腹が重たくて動けません。
いや、パソコンの前までは、こうして這って動いてこれたので、
動けませんというのは言い過ぎました。


で、なんだっけ。そうだ。
食べ過ぎて、気持ちがわるい。
先週はビールを飲み過ぎて気持ちがわるくなったし、
どうしてこう制御できないのでしょうか。


胃も気持ちわるいのですが、
この自分を制御できない自分というものが、
最高に気持ちわるいのだよ!わははははは!




「わははははは!」なんつって開き直る自分も、
じつに気持ちがわるい!


「じつに気持ちがわるい!」と言いつつも、
案外、そんな自分もそれほど嫌いじゃないかも
と思っている自分も、なかなか気持ちがわるい。