小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



僕ですら忙しい。


これは先日買ったシャツなのですが、
このシャツの縦縞模様が、ほれあれだ、あの、そう、
昔よく歯医者とか行くと待合室に絵本が置いてあって、
たいていボール紙みたいな素材で端がボロボロなのですが、
そういった絵本の中に、こう手でもって目の前でぐるぐる回すと、
渦巻きが回転して見えるという仕掛けのものがあったじゃん


ところで「じゃん」というのは、横浜発祥の言葉であるので、
僕のような「横浜生まれ」かつ「横浜育ち」のもの以外には
軽々しく使ってもらいたくないものである。
と言いたいところであるが、僕の住んでいる地域は、
「横浜のチベット」と言われているような地域であるため、
大きなことは言えませんでした。だから皆さん、
「じゃん」は、じゃんじゃん使って頂いて構いません。
許す!


それでなんだっけ、そうだそのシャツの模様が、
目の錯覚を引き起こすようにできているので、
仕事中にキーボードを叩いていると、袖が視界に入って、
チラチラ動くのですね。そのため、目が回って
気持ちがわるくなって、しばらく目を閉じて、
じっとしたこともあったんだよ。


でも、キーボードを10分叩いたら目が回って5分休憩。
なんてことしてたら、この忙しい時期に大変なことになるので、
僕は考えたよ。


カーディガンを着ればいいんだ。


ってね。黒くて模様のないカーディガンを着て、
しっかりボタンを留めて、視界に縞模様が入らないようにしたんだ。
そしたらどうなったと思う?そう、目が回らなくなったんだ。


たいしたことではないじゃないかなんて、すれたオトナたちは
笑うだろう。でも笑ってる場合じゃあないんだ。
実は東京都では、白黒の縦縞のシャツの模様で具合がわるくなる人が、
今年だけで8654人もいたというのだから。
おっとっと、今のは冗談だ。


で、何が言いたいかというと、何も言いたかないんだよ、僕は。
疲れた!


おやすみなさいませ。