小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



Hさん送別会と居酒屋「よし」黄金期

金曜の夜は、同期のHさんの送別会。
Hさんは、イケメンでとてもいいひとで、
たいへんお世話になりました。


前にホームパーティーに呼んで頂いたときは、
僕は緊張からか具合がわるくなって、ずっとひとりで別室で
寝かさせて頂きましたが、そのときHさんの奥さんが
枕元にそっと置いてくださった、チーズかなにかの食べ物のことは
ずっと忘れないです。忘れないと言いつつ、
何の食べ物だったかは忘れてしまいました。


Hさんへのプレゼントの、幼児用フットサルユニフォームが、
大人用ユニフォームをそのまま縮小したもので、非常に可愛かったです。


送別会のあと、Hさんが退職して向かった先の会社の方々と
居酒屋「よし」で飲みました。
この方々は去年、送別会をして送り出した方々で、
ということは元先輩にあたり、説明するのが複雑なのですが、
簡単に申し上げますと、


元・居酒屋「よし」の主力メンバー


の方々なのです。そこへ我々同期が合流し、
二、三十人で飲む、あの「居酒屋『よし』黄金期」が蘇り、
みなさん全然お変わりなく、僕は目頭が熱くなりました。


素晴らしい!今日は帰ってられるものか!
と0時過ぎても座敷でビールを飲んでいたら、
「あ、終電だ」
と突如人々が引き揚げ始め、たちまち「僕だけ」になりました。


えええ!あんだけ盛り上がってたのに!?


と、しぶしぶ腰を上げたものの、もちろん電車はなく、
深夜1時半の桜木町から、2時間半歩いて、4時に帰宅。
楽しかったから、いいです。




本日は、ずっとソファーの上で丸くなっております。



どうもありがとうございます。