小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



大山へ紅葉を見に行った。

クレアさんとはっちさんとで、厚木の大山へ行きました。
昼の12時に本厚木駅で待ち合わせて、
はっちさんがクルマを運転してくださって、
僕は後部座席で、寝たり、起きたりしていました。


飯山温泉か七沢温泉に行く予定でしたが、
大山への道は、すごい渋滞していたので、
温泉に入るのはやめて、紅葉を見ることにしました。



きれい。


それにしても、大山は大変な混雑でした。
大山は「とうふ料理」が名物で、あちこちに店がありましたが、
3時に着いたら、店はほとんど「とうふ品切れ状態」で、
閉まっていました。なので、肉そばを食べました。うまかったです。



山はとても寒かったですが、紅葉は実に見事でした。
これだけ紅葉が見事だったら、観光客も溢れるわと納得しました。



そして、大山の頂上まで登ることにしたのですが、
この頂上までの山道が、想像以上に段差があって、
長く(40分)て、寒いのに汗が出たり、
休んだら汗が冷えて寒くなったりしました。


もうすぐ頂上だと思い、ラストスパートだ、
と石段を駆け上がったら、まだまだで、
息が荒くなり、疲れ果てました。




頂上の大山寺に着いたときには、
あたりはすっかり暗くなっており、
街を見下ろすと夜景が美しかったです。





5時半から、木々がライトアップされて、
お寺のパワーと合わさって、幻想的な雰囲気になっていました。




帰りはケーブルカーに乗って下山しました。
ケーブルカーに乗るために1時間くらい待ちました!



帰りも渋滞していて時間がかかりましたが、
話をしたりしていたので苦になりませんでした。


平塚駅でご飯をたくさん食べました。
ラストオーダー直前に入ったので、ガツガツと大量に注文して、
テーブルの上が料理でいっぱいになり、幸せな気分になりました。
僕はビールとワインと焼酎を飲み、満足しました。


どうもありがとうございました。
楽しかったです。また遊びましょう。