小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



セレブなパーティーがある。

MMK(モテて・モテて・こまらせて)仲間の
女子である小宮山さんより、

セレブマンションでパーティーがあるんですが、
しーなさんどうですか??
セレブといえば……と思いまして。


というお誘いをいただきました。
僕は今年から「プロジェクト・セレブ」という目標を掲げて、
セレブになりたがっていましたので、小宮山さんの
「セレブといえば……」に引っかかったわけなのです。
ありがとうございます。


途中でワインを買って、都内某所のセレブマンションへ。
圧倒的なセレブ感に、あわあわなりながら、
迷路のような通路を通っていきました。



エレベーターで目的の階を押して、
ぐんぐん上がって、パーティールームに入ると、
お台場、レインボーブリッジを一望できる、見事な夜景。




小宮山さんが出迎えてくれて、主催者の方にご挨拶しました。
10人くらいで、うまいものとうまい酒が大量にあって、
雰囲気が落ち着いていて、よかったです。
研究者の方や、裁判所の方や、業界の方、
セレブな方がいて、非常に興味深いお話が聞けました。
小宮山さんが、
「しーなさんはM−1の3回戦まで行った」
と紹介してくれるので、僕は




「芸人」の方ですか?




と聞かれましたが、会社員です。と言いました。
とりあえず、教えて頂いたことを実践しようと思います。


かなり酔って、家に帰ったらそのまま眠って、
朝8時に起きました。
なんだか、空間的にも時間的にも、現実感がなくて、
昨日のことは夢だったんじゃないかとも思いました。
不思議だったなあ。


みなさん、どうもありがとうございました。


ああいうマンションに住みたい!ぬんおー。