小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



「そうだ、しーなさんに聞いてみよう。」その5

【ひのじさんより】
「こんにちは、はじめまして。ひのじと申します。
25歳、福岡出身、東京都在住の女子です。
「しーなさん、なんしよぅと〜?」(北九州方言)


しーなさんの日記を知ったのは、たしか四年前、
さかのぼって全部読みまして、心は一方的に近くにいます。
あぁ、怖がらないでください。(怖がるにはまだ早いのです)


聞いて頂きたいことですが、
最近心がふらふらで、打ちのめされているのです。
原因は、
「どうしても人付き合いがデンジャラスな感じになる」
ということなのです。


しーなさん。
私は転職しまして、4月から新しい会社で働いています。
ということで必然的に新しい方々お知り合いになるのですが、
私はそこの皆さんが大好きなのです。
ですが、私は気を遣いすぎてなぜかものすごくはしゃいでしまい、
初対面なのにいきなり強気の突込みを入れるなどして、
先輩方に大変失礼なことを言ったりしてしまうのです。
いわゆる、「ツンデレ」的対応。


大人数での飲み会などでは実はおどおど、
そわそわして気を遣っているのですが、
そんな風に見られたくないため
「気を遣っていないように見せるためにさらに気を遣って」おり、
妙に大胆不敵なキャラになってしまうのです。


そして、「私はなんて馬鹿なのだろう」と
次の日一日あまり飲み食いもできず、
ベッドの中でめそめそするのです。
おかげで原因不明のじんましんが止まりません。
本当は、大好きな皆とナチュラルに仲良くしたいのです。


しーなさんも昔は今よりももっと
人付き合いが苦手だったのではないかとお察ししますが、
そのお立場から何か有効と思われるアドバイスをいただけませんでしょうか。
ちなみに、自分なりにいくらか分析いたしまして
内面的には「これか」と思うところもあったのですが、
しーなさんという他世界からのアドバイスを待っています。


ちなみにブログに「これはいかん」と思った日の出来事を書いてあります。
よろしければご参考くださいませ。
(ブログ名:ひのじの日記


PS.私は宇宙のことしか考えていない時期があったので、
いつか一緒に宇宙の話をしたいです。」


僕はすごい非社交的なタイプなのですが、
その反動で、合コンやオフ会をして、変に社交的になっています。
人付き合いのアドバイスができるようなレベルではありませんが、
ここ数年思っているキーワードは、




「リラックス・オープン・エンジョイ」




です。全身の力を抜いて、取り繕わずに、
その時思ったことをしたり、言ったりして、楽しむ。
これがよいのではと思っています。


これに反して、気を遣って仲良くなったとしたら、
その後、ずっと気を遣い続けないといけないので面倒です。
なので、最初から気を遣わずに仲良くなれば、
気を遣わずに長く遊べると思うのです。
気を遣わないと仲良くなれない人とは、
仲良くならなくてよいと思います。
だからといって、滅茶苦茶に行動したらあれなので、
「礼儀」じゃないでしょうか。気を遣わずに、礼儀正しくだと思います。


ひのじさんが、職場の皆さんのことが大好きなら、
「私は職場の皆さんが大好きなんです」
と言えばよいと思います。でもそれができなくて、
ツンデレになって、自分のバカバカとなって、
じんましんができているなら、
それをそのまま話して、笑いに昇華すればよいと思います。
それをネタにできないところが、オープンでなくて、
ストレスになっている気がします。


僕は、「イチャイチャしたい」とか、
カラオケボックスよりラブホテルの方が得ですよ」
など言いたいことは言うようにしていますが、
これらは成功した例がありません。
しかし、言いたいことは言ったと、
晴れやかな気持ちで、深夜、神社の境内で寝ていたりします。


あと、どう見られるかは気にしない方がよいと思います。
僕もずっと気になっていた時期がありましたが、




誰も僕のことを見ていない。




ということが分かったら、どうでもよくなりました。
さらに、この世は夢で、現世がすべてじゃないと分かると、
何から何まで、どうでもよくなって、悩みは消えると思います。