小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



注文が通らなかった。うまいビールを飲むこと。

会社で健康診断がありました。
身長が5ミリ伸びていました。


終わってから、ラーメンを食べに行きました。
「チャーシューメン」と言ったら、
「ねぎチャーシューメン?」と聞かれて、
「いいえ、チャーシューメン」
「ねぎチャーシューメン?」
というやり取りを3回も繰り返して、しまいには、
チャーシューメンの写真を指差して、


「チャー!シュー!メン!」


と言ったのに、伝わらなくて、
結局、ねぎチャーシューメンを注文してしまいました。
信じてもらえないかもしれませんが、
そういうことが起きたのです。


この局面で、「ねぎ」を付けるかどうかで、
今後の自分の人生を、思い通りに送れるかどうかが、
決まるような気がしましたが、そうでもない気もしました。



合コンのお誘い

どうもありがとうございます。中間目標を達成できそうです。
平日は目黒・恵比寿(渋谷は鬼門なので行けません)。
休日なら関東一円に参ります。水・金・土が得意曜日です。


ところで僕は、合コンの目的を誤っていました。
合コンは、彼氏・彼女になる人と、
出会うことを目的とするもののようです。


僕の中で合コンは「男女比が等しいオフ会」で、
目的は、


「うまいビールを飲むこと」


に、なっていました。
でも、もう、それでもいいと思います。
そもそも、僕にお誘いのメールを送るという行為は、
ラブ的なものを望んでいることからではなく、
好奇心とか、恐いもの見たさのようなものによって、
突き動かされた結果だと思うからです。


それで、いいじゃないか。
うまいビールを、にこにこした女子たちと、飲む。
そ、それで、いいじゃないか。