小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



日本橋で撮影をした。

インドネシア舞踏家のさえさんが、
舞踏の映像作品を作るらしく、その作品への出演依頼を受けて、
日本橋のスタジオに行きました。



僕は上半身裸になって、背中をバシバシ撮影されました。
もう少し右、肩の力抜いて、少しあごを引いて左下を見て、
と細かい指示があり、健康診断のレントゲンの気分になりました。


僕が背中だけだったのに対し、一緒に行った小宮山さんは、
かわいい衣装を着せてもらって、笑顔をしているところを
何枚も入念に撮られていました。


昨日の晩、徹夜をして、まいこもりすさんに渡す動画を
編集していたため、撮影中も、撮影後に、
さえさんにご馳走して頂いた居酒屋でも、
ずっとうとうとしていました。すみません。


さえさんの舞踏といえば、来週の
6月21日(日)の18時半から、
祖師ヶ谷大蔵の「Cafe MURIWUI」でライブがあるそうです。
しかも、そのライブには、イガラシイッセイ氏が、
HAPI DRUM担当として出演するそうで、これは見ものです。


興味のある方は行ってみるとよいと思います。
僕は元気で気力が充実していたら行きたいと思います。