小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



元旦と二日のできごと。凧揚げと初詣。

元旦は昼過ぎに起きて、おせちを食べました。
縁起のよいおかずを全種類食べて、
僕がポテトサラダが大好きなので
重箱の一段はまるまるポテサラになっているのですが、
それを半分と、ハムを十枚くらいぺろりと食べて、
満腹になりました。


食べすぎたなと思っていたら、
小宮山さんが凧揚げをするとTwitterに書いていたので、
場所が片瀬江ノ島でわりと近いこともあって家を出ました。



片瀬江ノ島駅の近くにいたうさぎたち。


待合せの時間に間に合わなかったのですが、
連凧を揚げているということなので、
浜辺にいけば見つかるだろうと思ってふらふら歩いていたら、
凧を発見して、近寄ると当たりでした。


僕が急に現れたのでみんな驚いていておもしろかったです。
小宮山さんの他に、kororaさんとおのしゅうさんがいました。
僕も凧を揚げさせてもらって、
浜辺を走りまわって、凧はぐんぐん揚がっていきました。
空が青くて高くて、とても爽快でした。


ねこぽっくりとかをしてさんざん遊んでいたら、
日が沈み始めました。初日の入りです。

左の小宮山さんが遊んでいるのが、ねこぽっくりです。

おのしゅうさん(写真中央)は学園ドラマの
先生役みたいになってました。
kororaさんは一眼で写真をたくさん撮ってました。

夕日のあまりの美しさに、僕は自然と祈っていました。
昨年は本当にありがとうございました。
今年もよい年でありますように。
みなが健康で平和ありますように。


日はゆっくりと落ちていき、小さく輝く粒になってから、
別の地域へ去っていきました。
さようなら。またあした。

富士山。

オレンジと青が混ざって冬の冷たい海なのに、
とてもやさしくてやわらかく見えました。



家に帰って

おせちの残りとカレーを食べました。お正月はカレーです。
夜、お風呂に入る時に、浴室の電気を消して、
真っ暗にして湯に浸かりました。瞑想しようと思って。


頭のてっぺんから、下に向かって順番に筋肉をゆるめて、
全身に溜まった肉体的、精神的なコリを溶かしていくと、
黒い塊が溶けてタールのようなどろどろになって、
下に落ちていくイメージがしました。
それらがすべて出切るまで一時間くらいかけたら、
地球の中心からのエネルギーの通りが、
よくなったような気がしました。お風呂から出て、
リラックスして布団に入りました。


心のなかに、ずいぶん黒いものが溜まっていた。
僕は本当にたくさんのひとたちに助けられている。
愛をたくさん受けている。



数時間眠って、

四時に起きて初詣に行きました。
僕がクルマを運転して、家族で行きました。
なんでこんなに早く行くのかというと、
道路が混んで駐車場に入れなくなるからです。


鶴岡八幡宮まで二十分ほど。五時前はがらがらです。
去年の御札を返して、新しい御札を買って、
二礼二拍手一礼して帰ってきました。