小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ご無沙汰しております。

 ご無沙汰しております。しーなねこです。

 夏ですね。私が小学生の頃、
 こういう質問が流行りました。
「暑いのと寒いのどっちがイヤ?」
 私が考え込んでいたら、
 クラスの優等生がこう言いました。


「暑い方がイヤに決まってるじゃん。
 だって、寒いのは何枚も着ればいいけど、
 暑いのは裸になっても暑かったら終わりだから」


 クラスメイトたちは、なるほどと感心して、
 それが模範解答になりました。
 私もその場では、すごいなこいつと思いました。
 しかし、半日たった夜でした。
 日中のことを、思い返して寝ていたら、
 唐突に気付きを得て、跳ね起きたのでした。


「クーラーつければいいじゃん」


 それ以降、
「暑いのと寒いのどっちがイヤ?」
 と聞かれたら、私は答えるようになりました。


「どっちもイヤ」


 ――あれから二十年。
 いまでは暑いのも寒いのも、どちらも好きです。