購読中です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



日記じゃないメモ

日記じゃないですが、思い付いたらメモをしているので、
そのメモをぱらぱらと載せていこうと思います。
ってやっていたら、全体的に暗い内容になってしまった。
自分のことばっかりだし。

32、3歳頃から、自意識的なものが薄まったり、
強い不満や欲求がなくなったり、
いろいろ楽になってきた気がするのだけど、
振り返ると不満や怒りや欲求が、
いろいろな活動源になっていたような気がしている。

みんなでお好み焼屋で食べて飲んで(ビール一杯)、
以前より生きづらさが消えてきたなどと話したけど、
そんなことを話題にしている時点で、依然として生きづらい。
それからいろんな話をしたけれど、
結局ぼくは、寂しいんだなと思った。

夜中に発車した東海道線に、
おじさん(たぶん酔っていた)が手をついて、
くるっと回転して、スピードのついた車両に頭をぶつけて、
ホームに倒れた。電車はストップ。血などの外傷はない。

その様子を見て、ぼくは自業自得だと思って、
びっくりして立ち止まる人たちの間を抜けて、
何事もなかったかのようにその場を去った。
少しして、自分の冷たさにぞっとした。
さらに時間が経つと、恐かったのだと思った。
ぼくは臆病で逃げだしたのだと思った。
臆病だと冷たくなる。温かくするには勇気がいる。
どうしてぼくはこうなってしまったのだろう。

古本屋に入って、本を何冊か買い、
店を出てからamazonの古本相場をチェックして、
どれだけ得したか、おのしゅうさんと競った。
おのしゅうさんは数百円で買った2冊が、両方とも1円だった。
ぼくは1000円で買ったのが500円だった。
1円じゃなくてよかったと思ったが、
本の訳者を検索したら、
出版の10年後に殺人事件を起こしていて、
複雑な気持ちになった。

コンプレックスや業のことばかり考えている。
心の傷が活性化して行動しつづけた結果、
どこかに辿り着いたとして、
その場所が求めていた場所であろうがなかろうが、
どちらでもいいのではないかと思った。
辿り着くまでに得た技術や知識などは本人に残るし、
もし何も残らない最悪の旅だったとしても、
同じ過ちを繰り返さないための役に立つ。
心が多少ましになって、傷は客観的に見れるようになって、
次の場所へ進むことができる。


『突き抜け』販売中ですよ!
(通販、あまり売れてません!)


https://instagram.com/p/2LuSVjiwhD/

『突き抜け9』出ました

突き抜け9』が出ました。
第一作の『突き抜け』の発売が、
二〇一〇年五月なので、とうとう五年目です。
そりゃあ、ぼくみたいな下手な人でも、
五年もやってるんですから、多少はましになりますよ
(なっててほしい……)。
前号あたりから、自分なりに書くことが、
ようやくわかってきたような気がします。
何度も書くことが大切なのですね。


ここ最近、精神分析の本をよく読んでいます。
精神分析を通して、分析家とクライアントの
共同作業で紡ぎだされる「物語」の意味や、
その表出のしかたに興味を持ちました。
小説と重ねて読んでいます。
いろいろ思ったことがあるので、
ブログに整理して書きたいと思います。


今回の突き抜けに書いたのも、前回のも、
自分の精神分析をするみたいにして書いたものになりました。
だからか、書いている間と、書き終わってからしばらく、
とても憂鬱になりますが、それを越えると、
すっきりじゃないのですが、自分の歪みや破綻がわかって
諦めがつくというか、書く前よりも精神が、
多少ましになっている気がします。
自分を、ましにしたくて書くみたいになっていますが、
読んだ人にも何か変化があればいいなあと思います。


『突き抜け9』は10人で作りました。
みなさん、とてもおもしろいです。ページ数も過去最大で、
内容もバリエーションがあって読み応えがあります。
ぜひ読んでください!!

こちらから購入できます。
突き抜け9
800円/154ページ/2015年5月発行

収録作
「だだ捨離」 高林 村
「距離のスナップ」 寺沢 美帆
「透明標本」 とろ
「女と猫と赤ちゃん」 千木良 まりえ
「空と屋根との間には」 たかはし りょうた
「秘密」 竹本 統夫
「とても眺めのよい座敷牢」 鈴木 鹿
「ラヴ・タクティクス」 和田守 俊介
「どう罵るか問題」 椎名 隆彦
「リクロマシー・セッション」 イガラシ イッセイ

5月4日(月・祝)の文学フリマに出ますよ。

5月4日(月・祝)の文学フリマに出ます。
突き抜け派です。新刊『突き抜け9』を売ります。
東京モノレールに乗って、流通センター駅です。
来てね~

今回の『突き抜け9』に参加したのは過去最多の10名。
そのうち4名が新しく書いてくれました。
みなさん個性的で強力です。レギュラーメンバーも。
文学フリマ当日までに、紹介していけたらと思います。

それと、いつも「純文学」で出店しているのですが、
1階の純文学エリアは人通りが少ないので、
2階の「ライトノベル」に移りました。
なので、ライトノベルだと思って読んでいただければと思います。
みんなライトノベルを意識して書いたはずです。


https://instagram.com/p/zos5mZCwlX/


ところで、本にする原稿を書いたのですが、
いつも〆切の1~2週間前から大変な思いをします。
その1~2週間にゼロから書いているからです。
文学フリマは半年に1度(春と秋)だから、
次の〆切までに6ヶ月もあります。もし1日1枚書いたら、
半年で180枚、50枚の小説が3本も書けますし、
何かの賞に1~2本は応募できます(皮算用)。

理想は毎日少しずつ書くことなのですが、
どうしてもできません。〆切がないと動きませんし。
こういうところが、ぼくの人生を大きくダメにしている
要因のひとつという気が、すごくしています。

ちなみに、イガラシイッセイさんも1週間前まで、
ほぼゼロでしたが、〆切にはなんと、
100枚も書いて提出してくれました!
突き抜け派の今回の規定では30~50枚だったのに、
100枚です。はっきり言って、

やめてくれ!!

と思いました。長すぎです!
これが何を意味するかというと、本の値段のアップです。
しかし、しーなねこ編集長、持ち前の技で、
イッセイ氏だけ段組を3段にして、読みやすさを保ったまま、
文字のサイズと行間を加工し、ページ数の圧縮に成功しました。
前回と同じくらいですみそうです。

100枚ってのにおどろいて、
値段のことを書いてしまいましたが、
正直、値段なんてどうでもいいのです(本当です)。
大切なのは内容です。
イッセイ氏の小説は力作で、長いだけでなく、
すごくおもしろかったので、ぜひ読んでください。
タイトルは、……思いだせません(何回見ても忘れます)。

「リクロマシー・セッション」

です。ちなみに「リクロマシー(Rechromacy)」とは、
イッセイ氏の造語です。こういうところが、
ラノベっぽいと思われます。
https://instagram.com/p/1vj9Gpiwoc/
モニターだと読むのがつらいので、
プリントアウトしたイッセイ氏の原稿。
これでさらに両面印刷ですから、バビる。

季節の変わり目で調子が変(恒例)

季節の変わり目いかがおすごしでしょうか。
十数年もこうやって日記を書いていると、
自分の不調のサイクルや原因・対処法もわかってくるもので、
気温の変化と花粉によるストレスと、
ストレスによる自律神経の失調と免疫力の低下。
全体的に、風邪気味になり、胃腸が荒れ、気分が落ち込む。


糸井重里さんのコラムに冬と春の境界は気温12度と
書いてあったのを読んで、とても腑に落ちたのだった。
12度をすぎると、魚が動き出したり花が咲いたりするらしい。

この時期は、朝はだいたい12度を下回っていて、
昼に12度を超えて、夜にまた12度以下になる日が多い。
その一方で、日中ずっと寒い日もあるし、その逆もある。
とにかくその気温12度のスイッチが、
ガッチャガチャ激しく動かされ揺さぶられるから、
赤あげて、白さげて、赤白さげて、白あげないみたいになって、
ぼくの中のスイッチがバカになるというか、
自動制御をしている自律神経の板前が
「もー、どっちなの! はっきりしてよお客さん!」
とヒステリーに怒鳴る感じもすごいする。
それで、ぐったりする。耳鳴りもめまいもする。
あと背中もちょっと痛いし、土踏まずも歩くと痛い。
肩を上げると痛むし、体の柔軟性はますますなくなり、
目はしばしばするし、口は乾くし、しゃべると
口の端に泡ができそうになるし、声がかすれ、
鼻が出る、くしゃみが出る、夜中に何度も目が覚める。
どうも息苦しいし、いっぱい吸うと鎖骨の辺に空気が溜まって痛い。
集中力がすぐに切れる。かゆい。お尻も痛い。
油断すると、へそがほどけそうになる。酒がすごい回る。
腰がいたい。暖房つけると暑くなるし、切ると寒い。
眠い。いくら眠っても眠い。寝て起きると頭痛がする。
コーヒーを飲むと多少スッキリするがトイレばかり行く。
尿の切れはわるく、いつのまにかチョコレートを食べている。
自分から話し出したのに途中で面倒くさくなる。フケが出る。
マッサージに行ってもあまり変わらないので、
都内の強力なリフレクソロジーへ行ったら好転反応か、
頭痛、発熱、関節の痛みが出て寝込む。
胃カメラをしたら、大きな異常はなかったが、ピロリ菌がいた。
毎朝起きて、どこにも不調がない日がない。
春先は頭がおかしくなる人が出るというのは、
とてもよくわかりますね。それではここで一曲お聴きください。
井上陽水で「桜三月散歩道」。


そのようになる男だから、3月は仕事にならない。
で、休暇を5日間連続で取れる制度を3月に使って、
ただひたすらじっとして、この日々をやり過ごすのです。
毎年こういうふうになるので、3月の乗り切り方を真剣に考えた。
来年からは日本を脱出したい。日本の季節が完全に切り替わるまで、
ハワイにいたい。飛行機にのるのは苦手だけど、
上述したような不安定なことになるならハワイに行った方がいい。


それと伯父さんが脳梗塞になったのだった。
なったのは2回目で、1回目は何年も前だった。
伯父さんはひとりで暮らしていて、父がなんとなく電話をしたら、
受話器の向こうでろれつが回らなくなっていたので、
様子を見に行ったら、おかしくなっていたらしい。
ろれつがまわらなくなりながら、3日も暮らしていたそうだ。
いまは入院して点滴して、命の危険はないけど麻痺している。
どうしたものかと思う。介護とか。祖母も寝たきりになってしまったし、
親戚、家族の老いが確実に迫ってきているのをひしひしと感じる。
そしていつか自分もそうなるのかと考える。
一族というと大袈裟だけど、家のライフサイクルが、
衰退期に入ったんだんだなと思う。新しく家族ができたり、
子どもが増えたら、新しいサイクルが生まれるのだろうけど、
新規ビジネスの種をまいて成長させることをせずに、
従来と同じことを繰り返してきた企業が倒産するのと同じく、
斜陽になってきたなと思うことがここ最近多くなっている。
まいったなー


言うほど、まいってませんが、
しゃんとしないといけませんね。
いろいろな制度を調べたり書類をよく読んだり、
そういうことをまじめにやらないとなと思いました。

集中力が欠けるから読書もあまりはかどらない。
疲労しているのだと思う。蓄積型疲労です。
花を咲かせるために蓄えられたエネルギーが、
春とともに一斉に噴き出して満開になるみたいに、
たまっていた疲れや暗い感情も一気に噴出す。
一冊だけ読んだのは、
パトリック・モディアノの『パリ環状通り』。
3月のこの気持ちにしっくりくる小説でした。

パリ環状通り 新装版

パリ環状通り 新装版


https://instagram.com/p/0eyN5miwoY/
https://instagram.com/p/0hmaSBCwiZ/
それと鎌倉文学館神奈川近代文学館へも行った。
国立新美術館マグリット展と、
神保町の「春の古本まつり」も行った。
どれもよかった。


https://instagram.com/p/0rw3uiCwiA/
https://instagram.com/p/0uuuj5iwi9/
https://instagram.com/p/0wyzZqiwns/

あんこう食べに行ったりしたことなど

日記をますます書かなくなってしまっている。
書きたくなったら書けばいいと思っていたけど、
放っておくと本当に書かなくなってしまったし、
書かないと、考えて頭を整理する時間も減るみたいで、
どんどん頭が空白になっていって、より書けなくなる、
考えられなくなると感じて、1日練習をサボると、
その遅れを取り戻すのに3日かかるぞみたいなのが、
連続したら思うと、うわぁ、と焦りを感じるのだった。

夕食の写真しか撮らなくなっている。
ブログのために撮っておこう、
という気がなくなっているからだろう。
疲れているのだと思いますよ、きっと。
まいった、まいった。しかしながら、
ぼくよりもずっと働いていると思われるのに、
超書いている人もいる(鈴木鹿さんはまじすごい)ので、
ぼくはどこか変な気もするのですが、
落ち込むほどでもなく、ただなんとなく、

へもい気持ち

になるのです。何かが足りてないんだろうなと、
アリナミンを飲んだり、マッサージ行ったり、運動したり、
出力のパイプがどこかで詰まっていて、
ちょっと何かのきっかけさえあればまたなんて思い、
もうそれを何ヶ月も思っていて、変化がない。
うーん。やっぱり何か書いたり作ったりして
活動的にしているときの方が人生が楽しいな、
とあらためて、しみじみ感じています。

とはいっても、1月の日記を見返したら、
いろいろしていたので、その反動が来ているのかもしれない。
とか、そういうことをいちいち理由つけて考えるのも、
もう面倒になってきた! フォー!!

2月7日(土)

2月は旅行へ行きました。あんこう鍋を食べる一泊二日の旅。
福島県勿来駅からクルマで10分ほど南に下ると、
茨城県に入ってすぐ、北茨城市のまるみつ旅館。
おのしゅうさんと、まいこもりすさんとで行きました。
温泉入って食べてという幸せな旅でしたが、
写真は次の3枚だけ。前述したとおり、
ブログに書こうという気が減っているのがよくわかります。
https://instagram.com/p/yzeQQUCwi-/
これがあんこうの丸揚げです。
これ以外にも、あん肝、刺し身、どぶ汁などたらふく食べました。
淡白だったり、濃厚だったり、ぶよぶよしていたり、どれも超うまい。
まるみつ旅館は、あんこうを食べることを日本に広めた
存在でもあるらしく、たくさん表彰状が飾られていた。
f:id:shiinaneko:20150315234139j:plain
これは朝5時頃に歩いて長浜海岸まで歩いて見た日の出。
美しかった。くもりだったけど、この瞬間だけ太陽が見えた。
https://instagram.com/p/y0lg5mCwu_/
長浜海岸は鳴き砂も有名らしいけど、
湿っていたからか鳴かなかった。

2月8日

そうだ、2月は原稿の依頼があって、
あんこう旅行の電車の往復と宿でみんなが寝ている間に、
記事を書いたのだった。
以前にエクストリーム出社の関係でお会いした
エヒタさんが編集長をしている編集部から、
婚活サイトを使って真剣に婚活をする記事を書いてください
と依頼をいただいて、実際にまじめに婚活をして書いて、
とても有意義な体験になったのだった。

婚活の一環で、話し方教室に行って、
この体験も忘れられない大切な記憶になったのだけど、
こちらは別の機会にブログに書きたいと思います。
今回の記事を書いて、いちばん感じたのは、
「やったことのないことを体験して、おもしろく伝える」
という、以前よくデイリーポータルZの
デイリー道場に投稿していたようなことを、
ひさしぶりにできたのがよかったなということです。
この感覚、すっかり忘れてたなと思いました。


そもそもどうして、
「やったことのないことを体験して、おもしろく伝える」
をしなくなってしまったのだろうと振り返ると、
記事をよく投稿していた頃は、それをやっている人が少なかった
というのがあると思います。あれから数年で、
だれもができるようになり、デイリー道場はなくなり、
熾烈な一発芸PV(ページビュー)競争時代に突入するのです。
ネタは乱立し、わーっと盛り上がっては、さーっと消えていく
スパンが短くなり、面倒くさくなってしまったのだと思います。
競争が苦手だから、人と違うことをしていたのに、
それが当たり前になって競争になってきたのが、
いやだったのかなと思います。
たまに、やりたいと思えるのは、エクストリーム出社みたいな、
これは大きなことになりそうと予感できるようなことだけで、
それ以外は、なにもしたくなくなってしまったというか、
そうしているうちに動きが鈍くなってきたような、
なんだろう、これが、

歳をとった

ってことなのでしょうか!?
いろいろ考えるわ。
話がそれました。


なんだかんだ書きましたが、
おおむね楽しくすごしています。
https://instagram.com/p/zZtmCciwsa/
https://instagram.com/p/z9ExnQiwoS/
十数年ぶりにレゴを買って遊んだ。
https://instagram.com/p/z7wU2diwhL/