記事を書いたりしました。

マイナビニュースに記事を書かせてもらいました。

毎回、「こういうテーマでどうですか?」と、
春昆布さんに提案してもらって書いています。
そもそも自分に書けるのかなといつも思いながら、
テーマに沿っていて普段やっていることをリストアップして、
こういうことでしたら書けるかもしれませんと返信して、
書き始めます。

書き始めるといいましたが、〆切の3日前までは書けず、
テーマに関係している本を読んだり、メモしたり、動画を見たり、
リストアップした項目をグルーピングしたり、並べたりして、
自分のやったことの筋道を一応立てて、だいたいの枠組みができます。
で、ポメラでざーっと書いて、プリントアウトして、
上から読んで頭に入れたら、飲みに行って、友人に内容を話してみて、
どこで感心してくれたかや、質問されたことなどを覚えて帰って、
〆切の前日に完成させています。

本当は〆切の1週間前に完成できたら、気楽なんでしょうけど、
どうしてもできないのです。でも、下のような研究もあるらしいので、
これでいいんだと自分に言い聞かせています。

マーティン・ルーサー・キング・ ジュニアは 彼の人生で最も重要な演説をおこなった ワシントン大行進の前夜 午前3時すぎまで 台本に手を加えていました 観客席で聴衆とともに 自ら舞台に上がるのを待つ間も 彼はまだメモを書きつけ セリフを削っていました 壇上で11分が過ぎた時 彼は用意していた言葉を使わず 歴史を変えた あの4語を発しました 「I have a dream(私には夢がある)」 台本にその言葉は なかったのです 演説を完成させるというタスクを 最後の瞬間まで引き延ばす事によって 彼は自らの前に 使えるアイデアを 最大に広げておいたのです 文章が変更可能だったから 彼は自由に即興ができたのです


ところで、「友達のつくり方」の記事は、NewsPicksというサイトで、
多く(500件以上も)取り上げてもらえて、
たくさんのコメントが付いて、それを読むのが楽しかったです。
(なんかこの感じ、ひさびさです)

https://newspicks.com/news/3382884?ref=index&block=education


ぼくにとっては当たり前で、書くほどのことでもない
こんなこと堂々と書いたら恥ずかしい!と思うようなことでも、
書いてみると、ためになると言う人がいることがわかりましたし、
別の視点をくれたり、新たになるほどそういうことかと、
他の要素と繋がったり、得ることが多いです。

自分の頭の整理や、過去の振り返りもでき、
このような機会をくれる春昆布師匠には、ほんと感謝です。

記事には書けなかったのですが、参考にした本を書いておきます。 
コミュニティ作りに、とてもおすすめの内容です。

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!

 
広く弱くつながって生きる (幻冬舎新書)

広く弱くつながって生きる (幻冬舎新書)

 
ファンベース (ちくま新書)

ファンベース (ちくま新書)

 

 

自分で髪を切ってます。メリット・デメリット、道具や切り方など

髪を自分で切っています。半年ほど。
何年も通っていた美容室が、実家を出て遠くなってしまったことと、
近所の美容室は切りたいときに予約を取ることができず、
仕方なく自分で切ったら、わりと普通に切れたのでした。

美容室は1回あたり5000円ほどしますし、
1.5ヶ月に1回のペースでだったので、
それが浮くならだいぶおトクだなと思ってやっているうちに、
慣れてきて半年が経過したわけです。

そこで、やり方とか、必要なものについて書いておきますね。


セルフカットのメリットとデメリットは、次のような感じです。

メリット
  • お金がかからない
  • 切りたいときに切れる
  • 15分ほどで終わる
  • 自分の切りたいように切れる
デメリット
  • 失敗することがある
  • 切った髪の後片付けが面倒
  • 美容師さんにわるい気がする

お金がかからないと言いつつ、
ぼくはバリカンとすきバサミを使うので、
最初はこれらの費用がいります。

ぼくが使ってるバリカンの新しいモデル。3500円ほど。

フィリップス 電動バリカン ヘアーカッター コードレス HC3519/15

フィリップス 電動バリカン ヘアーカッター コードレス HC3519/15

 

あと、すきバサミ。 1000円ほど。

GATSBY (ギャツビー) ヘアセルフカット セット

GATSBY (ギャツビー) ヘアセルフカット セット

 

これだけです。あとあればヘアゴム(輪ゴムでもいいです)。

切り方はYoutubeを見ました。これが参考になりました。

上の動画で解説されていますが、まずバリカンで刈るところと、
そうでないところを分けるのですが、ぼくはヘアゴムで分けて、
ゴムから下をバリカンで刈ってます。バリカンのアタッチメントで、
長さを調節できるので、9mmにしています。以前、1mmぐらいにしてやったら、
ラストエンペラーみたいと言われましたので、気をつけてください。

次に、耳の上とか後頭部とか、伸びているところをすきバサミで切ります。
すきバサミで少しずつ切れば、失敗しづらいです(バッサリ切れないので) 。
最後に全体を触ってみて、多いなと感じるところをすいて終わり。

あ、あと、髪が散るので、お風呂場で切った方がよいです。
排水口のところにネットをしておいて、 すべての毛をそこに集めて、
まとめて捨てます。 

最後に、セルフタイマーで撮ったりして、後ろと横を確認。

なんか、ちょっと変な感じもしますが、
というか、上のYoutubeのと全然違っていますが、
「自分で切ったでしょ!」とわかるほど、変にはなっていないのでは
ないでしょうか(わかる人には、わかるんでしょうけど)。 

 

ぜひ、やってみてください(自己責任で) 

 

よく行く銭湯「萩の湯」と、たまにいく「御谷湯」

週末の夜は、銭湯に行っています。
だいたい決まっていて、鶯谷の「萩の湯」です。
4階建のビルで、2階が受付と飲食できる休憩所。
3階が男湯、4階が女湯。都内最大級です。

お風呂は、炭酸泉、熱湯、水風呂、ジェット、電気、
マイクロバブル、半露天風呂、サウナ(別料金)と、
銭湯にありそうなものは、ほとんどあって、
しかも広いので、混雑する時間でもゆったり入れます。

ボディーソープ、シャンプーはもちろん、
備品の無料のドライヤー、ティッシュ、綿棒、化粧水、
モバイル充電器まであって、行き届いています。
それで銭湯料金460円。すごい。

あと、2階の休憩できるスペースの飲食の質が、
ほぼ居酒屋、定食屋レベルで、大きなテレビがあって、
湯上がりにここで、ビール中瓶で枝豆などやっていると、
なんかもう、ある種の完成形です。

で、萩の湯の充実ぶりに慣れてしまうと、
他の銭湯に行ったときに、
「ここは綿棒ないのか」
「あ、ドライヤー無料じゃないんだ」
「萩の湯の水風呂の温度、ちょうどよかったんだな」
「萩の湯ってどの風呂からも時計が見える位置にあったんだ」
と、今の風呂に抱かれていても、心は昔の風呂のことばかり、
みたいな状態になります。

しかし、欠点がひとつもないような萩の湯ですが、
何度も通ううちに、気づいてしまいました。
人気がありすぎることが、仇になっているということです。

お客さんが多くなれば、マナーのよくない人も増えますし、
お湯も汚れますし、脱衣所などの掃除が追いつかなくなります。
基本いつもきれいなのですが、その辺が気になりだしています。
ややキャパオーバーになっているのかもしれません。


で、昨晩は少し足を伸ばして、錦糸町の「御谷湯(みこくゆ)」へ。
ここはたまに行くのですが、とてもよいのです。


いちばんの目玉は天然温泉の黒湯ですね。
あと、内装のデザインがカッコいいです。
湯船の縁が木でできていたり、内側に張られたタイルとか、
細部までよくできている感じがします。

萩の湯ほど広くないですが、錦糸町駅からけっこうあるので、
そんなに人も多くなくて、ゆったりできます。
あと、ここのお客さんは全体的にマナーがよいと思いました。
使い終わったイスや風呂桶をきちんと元のとこに返していました。

台東区から墨田川を自転車で渡っていくときなど、
気持ちがいいですね。川沿いの遊歩道のライトもきれいです。

田原町、浅草の辺りは、安くてよい店もありますし、
なんか、こっちの方が最近のお気に入りです。

 

軽い・安い・フィットする生活

 高校生ぐらいの頃につけていたのと同じ(?)
カシオの時計を買いました。懐かしい。
しかも安い。939円。安い〜
チープカシオと言われているらしいです。チープ上等です。
そして、小さめ、薄くて、軽い。つけているのを忘れるくらい。

しばらく前までは、いかにも男の時計みたいなのをつけて、
それはそれで気に入っていたのですが、
会社に着いたら、まず腕から外してPCの横に置いていたんです。
手首に存在感がありすぎて、キーボードをたたくときに
どうも気が散るのです。神経質なんです。
そのうち、時計自体しなくなって1年ほどたっていました。
で、この時計を買ったわけですが、
つけてキーボードをたたいたりしてても平気ですね。
袖に引っかかる感じもないですし。
時計の品質はカシオですから、もちろんよいです。

 

最近どんどん私物が軽く安くなっていっています。
このまえ買ったシューズも、軽くて安い。
あと自分に合う、フィットするのが大事だと思っています。
もちろん品質がよくなくてはなりません。

ちなみに写真のシャツは1290円。セーターは1490円。
ここに写ってませんが、ズボンは1990円。ユニクロとGUです。

 

生活のスタイルも、軽い・安い・フィットするというのがいいなあと思っています。
あまりがんばりすぎず、身の丈にあったことを、軽快に、コストをかけずに、
丁寧で品質のよいモノやコトを作ったり、したりする。

 

どうですかね。

 

[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード MQ-24-7B2LLJF

[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード MQ-24-7B2LLJF

 

 

 

FITKICKSというシューズを買いました。


Twitterで見てよさそうだなと思って、
FITKICKSという足袋のようなシューズを買いました。

1cmほどの厚みのソールは、固いゴムのような素材。
足を覆う部分は、伸縮性のある薄い素材でできていて、とても軽いです。

一般的に想定されている用途としては、
軽くて小さく折りたためるので、
スポーツジムに持って行って使うとか、旅行先での近距離の移動とか、
濡れてもすぐ乾くのでマリンスポーツとかがあるようです。

 

ぼくは、会社で履きたいというのと、
できれば家と会社の往復(徒歩8分ほど)もこれでいけたら、
と思って買いました。送料込みで3,000円ちょっとでした。

結論からいうと、とてもよいですね。いままでにない感じです。
これまで会社までは革靴かスニーカーで行って、着いたら脱いで、
サンダルやクロックスに履き替えていたのですが
(サンダルで出社すると叱られます、たぶん)、
FITKICKSだと、見た目がわりと靴なのでこれで出社できます。


出社して履き替えなくていいですし、履いていてラクです。
それまで履いていたサンダルは足の甲で脱げないよう支えていたり、
クロックスは足全体を覆いますが、隙間があるのでぐらぐらしたり、
不満というほどではなかったのですが、
FITKICKSはその名の通りFITしてくるので、このフィット感を味わうと、
ああ、ぐらぐらはゆるいストレスになっていたかもと思いました。

200gほどで軽いのもいいですね。
フロアの感触がダイレクトに足に伝わってきますが、
カーペットなので問題ないです。というか、むしろ心地よいです。

 

会社外ではどうかというと、
散歩や近所にちょっと買い物に行くのによいです。
それまで便所サンダルか、雪駄をひっかけて出ていましたが、
ここでも軽さとフィット感が足への負担を減らしてくれますし、
「あら、あの人あんな格好で出てきちゃって」
みたいに見られるかも、という負い目をなくせます。
ただ、一点あれなところは、脱ぐとぺたんこになるので、
すぐにひっかけて履けないというところですね。
靴下みたいに指を使って履かないといけないので、
ゴミ捨てや郵便受けを見にいくときは、便所サンダル優位です。

 

どれくらいもつものか、まだ買ったばかりで分かりませんが、
しばらく使って様子を見ようと思います。
数日履いて、ソールが足に馴染んだ気がします。

 

 

ぼくが買ったのは、足の甲のバンド部分も黒いものだったのですが、
そのとき日本のAmazonで見つからなかったので、
Amazon.comで買いました。届くのに10日ほどかかりましたが、
日本で買うのと金額はほとんど変わりませんでした。 

 

カラフルなのもあるんですね。
さすがにこれを履いていったら「しーなさん始まったな」となるでしょう。