小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ROCKされたな

先輩のTさん(下図)が、後輩のKくんからチケットを2枚もらって、
Tさんが僕を誘ってくださったので、突然ですが定時に退社して、
行ってきました、ミュージカルです。



ミュージカルは、QUEENというロックバンドに関するものなのですが、
QUEENがどういったバンドなのか、まったく分からない状態。
それどころか、Tさんは、
「音楽に関しては、ロックと演歌の違いがかろうじて分かるくらい」
と言っていましたし、僕は『クロマティ高校』のフレディって、
たしかQUEENの人じゃありませんでしたっけ程度の知識。


開演前に生ビールとピザを一切れ食べたら、ちょうど開演。
WE WILL ROCK YOU」というミュージカルで、
台詞が英語なのですが、横に字幕が出て内容が分かりました。
最初のうち、気持ちよくなって2分ほど寝てました。
笑いが随所にあって、歌と歌がつながっていくのですが、
すごい迫力で、歌が上手くて、QUEENの曲なのか分かりませんが、
すごいなあと感心しっぱなしでした。


最後の方になると、僕も知っている曲があって、
あの、あれですよ、ズン・ズン・チャ、ズン・ズン・チャのやつ
(これが「WE WILL ROCK YOU」だった)と、
「I WAS BORN TO LOVE YOU」とか「WE ARE THE CHAMPIONS」とかで、
前の席の人が皆立ち上がるので、僕らも立ち上がって拍手しました。


終盤にかけて、すごい盛り上がりをみせ、
気が付いたら汗かいてました。おもしろかったです。
こういうのって自分から進んで行かないのですけど、
行ってみたら絶対おもしろいのですよね。


劇場を出て、新宿駅を歩いていたら、
頭上の線路を電車が走っていき、ズシン・ズシン・ズシンという音がして、
この音が「WE WILL ROCK YOU」の足で地面を踏み鳴らす音に聞こえて、
Tさんも同じことを言っていたので、ROCKされたなと思いました。


Tさん、Kくん、ありがとうございました。