小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



メリークリスマスってことでいいんじゃないか

今週はとても忙しく、働いているという実感がしました。
土曜日でようやく休みだと思ったのですが、
月曜日からやることを考えて、時間や締切りを考えると、
これはことによると、間に合わなくなる可能性があると気になって、
落ち着きがなくなってきたので、昼から会社へ行きました。


外は年末の空気が気持ちよく、電車が空いていて、
音楽を聴き、本を読みながら、会社へ行きました。
鍵がかかっていて中に入れないかと思ったのですが、
休日出勤の名簿を見たら、すがあざらしさんの名前があったので、
メールをしましたら下りてきてくださいました。ありがとうございます。


広いフロアで周囲に誰もいないと、静かで落ち着きます。
ひと通り作業をやって、この際だからと、机の埃を払ったり、
いらない書類をシュレッダーにかけたりして、落ち着いてきたら、
夜の8時半になっていました。帰るとき、
すがあざらしさんと、Kくんはまだ仕事をしていましたので、
お辞儀をしてお先に失礼しました。


お腹が空いていたので、目黒の駅前のビルで、
お寿司と焼き鳥を食べてビール(モルツ)を飲んで、
幸せな気分になりました。すこし早いけど、
メリークリスマスってことでいいんじゃないかと思いました、僕に関しては。
外はほんとに寒いです。帰りの電車もガラガラで、
のんびり本を読んで帰りました。


夜の11時に露天風呂のある銭湯へ行って、ここも空いてて、
ぼーっとしました。お湯から上がる湯気が、今年いちばんすごかったです。
ほかほかして、キリンレモンを飲みながら、とぼとぼ歩いて帰って、
淡々と、よかったです。


明日は線香立てて、座禅して、お茶立てて、
適当に過ごそうと思います。