小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



大前研一の本の半分は

バファリンの半分は「優しさ」でできていると言いますが、
大前研一の本の半分は「自慢」でできている。


そのまんま東さんがテレビにたくさん出て、
どこも東さんに好意的な内容なのですが、
なんか好意的過ぎやしませんでしょうか。
何か突き落とすネタがあって、それに向けて持ち上げているのではないかと、
勘繰ってしまうのは、僕だけでしょうか。

  • 今流行っている風邪は、どうも胃や腸にくるようです。
  • 宇宙に則さないと、ろくなことにならない。
  • 1月が終わります。わりとよい滑り出しだったように思います。