小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



7年間毎日お昼にカレー

朝の5時半に起きて、クルマを運転して
鶴岡八幡宮へ初詣へ行きました。寒かったです。


帰ってまた寝て、本を読んだりして過ごしました。


「プロフェッショナル 仕事の流儀」の
イチロー選手のスペシャル番組を興味深く見ました。
いいものを見ました。気が引き締まりました。


イチロー選手ですら、打席に入るときの強い重圧で、
血の気が引いたり、呼吸が苦しくなったり、吐き気がする
ということを語っていました。重圧に正面から立ち向かう。
僕も経験を積み、スキルを磨こうと思いました。


印象的だった話は、7年間毎日、お昼は奥さんの作った
カレーを食べているそうです。


僕なんかは熱しやすく冷めやすく、三日坊主という言葉が
ぴったりくる者なのですが、今後は改めて、
たとえ3日しか続かなくても、ああもう意味がなくなったと
諦めて放り出さずに、間が開いても続けたいと思いました。


ずっと毎日心がけて、ダメな日があっても、
またダメな日が数週間続いても、その翌日からまた
少し開始してつなげて、ゆっくりやっていきたいと思いました。


テレビを見た後、露天風呂のある銭湯へ行って、
釜風呂に浸かって、夜空を眺めました。


アメリカンドッグとキリンビールを買って、
人気のない道を帰りました。