小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



K点超えと布団

僕がひとり暮らしをしない大きな理由のひとつとして、
酔って帰って転がっている時に、誰かが毛布を掛けてくれる、
というのがあります。


金曜の晩、会社の人々と酒を飲みに行きました。
それにしても、後輩のamaくんの酒の強さはすさまじい。
手が小刻みに震えるくらい重たい巨大ジョッキで2杯飲んで、
上司先輩の方々と僕は焼酎へ移行しましたが、
amaくんは3杯目の大ジョッキへ。
「まだビールを飲むのですか?」
と聞くと
「ホップ・ステップ・ジャンプでいきたいじゃないですか」


僕は1杯目が「ホップ」、2杯目が「ステップ」、
そして焼酎が「ジャンプ」という認識でしたが、
彼にとっての3杯目の大ジョッキは、まだ「ホップ」の段階であって、
「ステップ」が焼酎のようでした。
彼が「ジャンプ」するとき、一体どうなるのだろうかと想像すると、
背筋が寒くなります。


話がそれましたが、僕はそこで、うっかり
K点超えの「ハイジャンプ」をしてしまい、終電を逃し、
2時間歩いて帰ったようですが、記憶があまりありません。
リュックごと上着を脱いだ形跡がありました。



夜中、意識が戻ると、僕は上着を脱いだ格好で、
膝を丸めてガクガク震えながら、床に転がっていました。
自分のこの状況を知っても、頭が痛く、気持ちが悪く、
まったく体が自由に動かせませんでした。


この状況で、できることと言えば、ただひとつ。
じっと目を閉じて、身を硬くして、
「またやってしもうた。またやってしもうた。」
「神様、もうしませんから、助けて下さい!」
と心の中で祈ったりしつつ、眠るか意識をなくして、
苦しみをやり過ごすことのみなのですが、
朝、目を覚ますと、僕の体に布団が掛けられていました。


家の中の誰かが見かねて、明け方に僕に布団を掛けてくれたのです。
しかし、時すでに遅し、完全に風邪を引いてしまいました。


でも、布団を掛けてもらわなかったら、
もっとひどい風邪になっていて、こうしてキーボードを
叩くこともできなかったでしょうし、
朝は妹が温かい「どん兵衛」を作ってくれました。


ひとり暮らしだったら、凍えて飢えて死んでいました。