小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



リアル桃鉄@関西(その1)

6:30 ホテルの前


ホテルを出ると、霧のような雨が降っていました。
傘をさすほどではなくて、よかった。


朝食は、「カツ丼」をがっつり食べました。
ゲーム中は「ランチカード」が出るまで食事してはいけないので、
たくさん食べておく必要があるのです。



「勝つ」という気持ちを込めて、カツ丼。
ゲーム開始は7:00です。



7:00 新大阪


スタート地点の新大阪駅まで歩いて、
ゲームマスターからの、ゲーム開始の合図を待っていると、


「なんでここにいるの!?」


という声。ちゅうか&雛っちペアでした。
「ここにいちゃわるいのか」
と思ったのですが、そういえば、
各チームのスタート地点は、


ちゅうか&雛ペア: 新大阪
イッセイ&よしこペア: 天王寺
しーなねこ: 京都

と、前日決まっていたのです。だから、
京都にいるはずの僕が、なんで新大阪にいるのよということです。
理由は、昨晩の前夜祭で気分よく飲み過ぎて、
京都まで行けなくなってしまったので、
スタート地点を「新大阪」に変更したためです、僕の中で。


怒られるかと思いましたが、怒られなくてホッとしました。


それより、ゲーム開始の7:00を過ぎても、
ゲームマスターからの連絡がまったくありません。
不審に思ったちゅうかさんがメールをすると、
なんと、ゲームマスターの、たまさんは




まだ寝てました。





7:10 幕開け


ずるずると幕を開けたリアル桃鉄@関西。
最初の目的地は「大久保」に決まりました。


「大久保ってどこだ」


関西のJRの駅に馴染みがないので、
路線図からひとつひとつ目で探していきます。
そんなことをしているうちに、
ちゅうか&雛っちペアは、小走りでどこかへ行ってしまいました。
途中まで後をつけたのですが、巻かれました。


駅員さんに「大久保」を聞いたら、すぐに教えてくれました。
新快速というのに乗ると、かなり速いそうです。
サイコロを振る。



幸先のよいスタートです。
他のチームは、もう動き出しているかもしれない。
急がねば。



8:25 明石(大久保まであと2駅)


一気に「大久保」まであと2駅の「明石」に来ることができました。
こんなに順調に進んでいいのだろうか。
駅に着いたら、イベントカードを引く
(イベントをこなすまで、移動できないのです)。


「詣でカード」
(駅付近の神社・寺にお参りする)


駅の周辺地図を見ると、お寺がいっぱいのスポットを発見。



小走りで、お寺に向かう。急げー!



日蓮宗の「本立寺」というお寺に入る。



詣で中の様子。ちなみに写真は、
三脚を立てて、セルフタイマーで撮影しています。
これが単独のさみしさ。


賽銭箱に硬貨を投げ入れ、目を閉じて、手を合わせたときでした。
「はっ!もしや!」
と、ある情景が、突然頭に浮かびました。


その情景とは、イッセイ&よしこペアが、
ふたりで力を合わせてイベントをして、写真を撮って、
イチャイチャしながら、リアル桃鉄を楽しんでいるものでした。
(※これは完全に僕の妄想で、現実はどうなってるか知りません)。
きっと、そういうことになっているに違いない。
ぬー。リアル桃鉄は過酷で硬派なスポーツ。
これでは、イッセイ&よしこさんの、




「関西☆電車デートじゃないか!!」




うらやましい!
じゃなかった、なげかわしい!
合わせた手が小刻みに震え、俄然、祈りに力が入る。
南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、どうか私に力を。



徹底的に祈って、

雨とも涙ともつかぬもので顔を濡らしながら、
寺から明石駅まで走っていると、たまさんからのメールを受信。


「いま、どこっすか?」


というので、
明石で「詣でカード」を完了したことを伝えると、


「はえー、もーついちゃうじゃん。
 あんた多分トップっすよ」


どうやら、現時点では、僕がもっとも目的地に近いようです。
急にテンションが上がってきました。
ははははは、このままイッセイ氏に貧乏神Tシャツを着せて、
よっちゃんとの関係を険悪なものにしてやる。



9:15 明石


明石駅に戻って、サイコロを振ろうとしたときでした。
たまさんからメール。なんと、
イッセイ&よしこペアが目的地に着いた
という連絡でした。
何だったのだ、さっきのメールは!
「多分トップっすよ」なんていうから、無駄に浮かれてしまったではないか。


まあいい。ゲームはまだ始まったばかりですし、
目的地まで、あと2駅のところまで来ていたので、
「貧乏神Tシャツ(下の写真)」を着させられることはないでしょう。



朝から、しかも、知らない土地で、
こんなものを着させられたら、ほんと最悪ですよ。












最悪の事態になりました。


恐ろしいことに、リアル桃鉄界の「PUFFY」こと、
ちゅうか&雛っちペアが、目的地の1駅前の
「魚住」まで迫っていたのです。
従って、もっとも目的地から遠いのは、しーなねこ。
1駅の差で、貧乏神Tシャツ、プットオンときたもんだ。


何がわるかったんだろう。
うちが浄土真宗なのに、日蓮宗のお寺で祈ってしまったことか?
ひとの関西デートを、険悪なものにしようとしたからか?
罰が当たったのか?もう何が何だか、わかりません。


得点(運賃から計算する)は、次のようになりました。


イッセイ&よしこペア(ゴール): +100円
ちゅうか&雛っちペア(魚住): −180円
しーなねこ(明石): −190円


2位とは、わずか10円の差。
これなら、まだ全然巻き返し可能です。


しかし、このTシャツの恥ずかしさと屈辱、


プライスレス。