小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



「し〜なさ〜ん、なにしてますのんぅ?」

パンデミックに備えて、米を30Kg買いました。
それから、昼に『レッド・クリフ』のパート1を観ました。




夜に、

YUさん、なおさんにお誘い頂いて、
うまい魚を食べるということで、
五反田の「魚金」という居酒屋に行きました。
イッセイ氏も行きました。



今日は、アブラガニというのが入っているということで、
注文をしたら、巨大で身が詰まっていて、うまくて驚きました。
刺身、焼き魚、牡蠣、シーフードサラダ、どれもうまかったです。
五反田は、海の幸がうまいと思いました。なぜだろう。


焼酎を飲んでいたら、
大阪のおかかさん、よしこさん、はにこさんから、
立て続けに3通メールが来ました。内容はいずれも、




「し〜なさ〜ん、なにしてますのんぅ?」




皆さん大阪で飲んでいるのですね。
それで、僕が昨日の日記に、
「しーなさん、なにしてますのん?」
関西弁で言われたいと書いていたので、送ってくれたのですね。
ありがとうございます。本場の「なにしてますのんぅ?」は、
語尾が「んぅ」となるのですね。


いやあ、グッとくるわあ。


返信で「飲んでます」というメールを、
その場の写真を添付して送ったのですが、
深い意味はありませんので、気にしないでください。
メールもうれしいですが、僕らが大阪に遊びに行ったのを機に、
お三方が定期的に遊んでいるのが、とてもうれしいです。



会の終盤、

隣のテーブルでずっと飲んでいた
女性二人組のひとりが、ふらついて僕に倒れ掛かってきました。
僕は周囲の席で話されている内容について、
気が行ってしまって頭に入ってしまう性質なので、
その人が悩んでいることも、結構飲んでいることも聞こえてしまっていて、
千堂あきほ似の、きれいなお姉さんでしたので、
「へもいっ子クラブ」シールを手渡して、




「大丈夫ですよ!へもいっ子クラブやってます」




と声をかけて、話を聞くことになりました。
「思わぬところで『そうだ、しーなさんに聞いてみよう』が始まりましたね」
と、なおさん。しかし、相談内容が複雑でレベルが高く、
手に負える問題ではなく、閉店の時間になったので帰りました。
イッセイ氏は、動悸がしてしまいました。大丈夫でしょうか。
もし、このブログに辿り着きましたら、
改めて、こちらからご相談に乗ります
(酔ってなければ、答えられるはずです)。


何だか、不思議でおもしろい日でした。
それにしても、風邪がなかなか完治しません。
あと、そうだ、突き抜けるぞ。