小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



クリスマス周辺のことと、新大久保で遊んだ。

クリスマス・イブの金曜日に出社したら、
椅子に紙袋が置いてありました。
「おお、今年もサンタさんからのプレゼント!?」
と思って開けてみると、これが入っていました。

なんなのだろうか、これは。
これまでWiiやPSPをもらったときはすぐにわかったのですが、
今年はこれがなんなのか、さっぱりわかりませんでした。
しかしよく見てみたら、

「木根くと」と書いてあって、
「そうか!キネクトか!」と思いました。
キネクト、聞いたことあります。
しかし本物のキネクトを見たことがないので、
僕の中では、このダンボールこそがキネクトです。
どうもありがとうございます!


業務を終えてから

新宿方面に向かったのですが、あまりの人の多さと、
クリスマスイブ特有の、なんていうのだろうか、
ふわーっとしたエネルギーに取り巻かれて、
ぐったりしちゃって、電車に乗るのがいやになって、
渋谷の手前で降りて、家に帰ってきてしまいました。


家についたら小包が届いていて開けたら
アメジストという鉱石で、yamさんからのプレゼントでした。
大掃除をしていたら出てきたので送りましたとのこと。
とてもうれしかったです。

アメジストは、僕の生まれた二月の誕生石で、
石言葉は「誠実・心の平和・高貴」。
最近、誠実に生活したいとか、心の鏡の曇りを取り除きたいとか、
ブログにも書いていましたが、まるでそれらのことを見抜いて、
yamさんが送ってくださったみたいで、おどろきました。
本当にありがとうございました。


で、アメジストはよく眠れる効果があるそうなので、
さっそく枕の下に置いて寝たら、久々にぐっすり、
十一時間も眠れて、ずいぶん神経が休まりました。
それから気の巡りがよくなった気がします。すごい。

土曜日は、

ひのじさんと会って食事とかをしました。
僕がいつも寒い寒いと言っているからか、
クリスマスプレゼントに腹巻と靴下を二足もらいました。

星がたくさんついていて、縁起がよさそうです。
それから「ヘレンケラーまたは荒川修作」をもらいました。
この本はすごく欲しかったので、とてもうれしかったです。

ヘレン・ケラーまたは荒川修作

ヘレン・ケラーまたは荒川修作

ありがとうございます。

日曜日は、

早稲田の穴八幡宮へ、
まいこもりすさんとひのじさんとで行きました。
僕は腹巻をして靴下を重ね履きしていたので、
まったく寒くありませんでした。

ここは毎年、まいこもりすさんが御札を買っていて、
祈ると金銀融通や出世に効くらしいので、
僕も一発受賞してバカ売れして一億円くらい欲しいよと、
真剣に祈って御札を買いました。

この御札を決まった時刻に、
決まった方角に貼るとよいそうです。


それから三人で新大久保に行きました。
すごくうまい韓国のふりかけがあるそうです。
新大久保駅周辺は、すごい人通りで活気がありました。
ふりかけを探して、韓国広場という大きなスーパーを目指す途中で、
ひのじさんが韓国風のホットケーキみたいな露店を指差して、
「あれ、おいしいやつですよ」
と言ったら、まいこもりすさんは迷わずそれを買って、
すぐにかぶりつきました。

この決断力と行動力は見習いたいと思いました。
まいこもりすさんはチーズで、
ひのじさんはハチミツ入りのを買ってました。
両方少しずつ食べさせてもらったのですが、
ハチミツは味が薄い気がしました。



目的の韓国広場の中の珍しい商品を
いろいろ話しながら見て回ったのですが、
途中、ひのじさんの手が


べっとりと汚れている


ことがわかり、「どうしたんですか」と見ると、
手だけではなく、コート、ズボン、バッグ、カメラまで、
黒い蜜状のものが広範囲にわたって垂れて染みついていて、
それがハチミツであることが発覚しました。
さっき買ったホットケーキの中に入っていたハチミツが、
すべて下から漏れていたのです。それにひのじさんは、
まったく気づかないまま二十分ほど、
ハチミツまみれで歩いていたのです。
どうりで、さっきハチミツの味が薄かったわけです。
三人でウエットティッシュでひのじさんを拭きましたが、
すごい不思議な体験でした。

その後、

韓国料理店で食事をしました。
おなかいっぱい食べて、マッコリを飲みました。

なんだか、とても楽しい一日でした。


韓国のふりかけは結局どれがうまいのかわからなくて、
三種類買ってきました。

これからしばらくかけて、どれがうまいか調べたいと思います。
あと、まいこもりすさんからクリスマスプレゼントに、
干し柿を頂きました。ありがとうございます。


また遊びましょう。