小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



筋肉、お年玉、靴磨き。心がけたいこと。

ジムに行ったら今月で入会して三ヶ月たったというので、
筋肉や脂肪の量を測りましょうとなって、
計測をしたら、入会時から変化がありませんでした。


「筋肉、ついてないですね……」
と僕が言ったら、
「落ち込まないでください!大丈夫です!
筋肉の神経が鍛えられたから、これからですよ!」
と全力のフォローを頂きました。


筋肉むきむきになりたかったわけではないのですが、
まったく筋肉がついていないというのも、さみしいものです。
しかし、それはその通りで、
最近はウェイトトレーニングをしても、
まったく筋肉痛にならなくなっていたので、
慣れてしまっていたのだなと反省しました。
常に少し苦しいくらいの状態にし続ける。
ということなのですね。



会社が始まった日に、

イガラシイッセイ氏が僕のところにやってきて、
お年玉袋をくれました。

どういうことかと思ったら、小説集「突き抜け2」の代金を
はっちさんがこの袋に入れて、イッセイ氏に託したのだそうです。
僕がお年玉袋をもらう様子を横で見ていた同僚が、
「なんでしーなさん、お年玉もらってるんですか!?」
と驚いていました。


それはいいのですが、その日の帰りでした。
有隣堂に寄って二千円の本を手にとってレジに行って、
いざ支払いの時になって財布を見たら、
お金が千五百円しかなかったのです。
うわーどうしようと思ったときでした。
そういえば今朝、お金をもらっていたわ
と鞄からお年玉袋を取り出して、ほっとしたのですが、
正面の店員さんと、横のレジにいた女性から
視線を感じて、顔を見たら、


「なにこのひと!お年玉もらってんの!?」


という驚愕の表情をしていました。まいりました。
ちなみに買った本はこれ。

7つの習慣―成功には原則があった!

7つの習慣―成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (780件) を見る
成功のための本を読んで、
お年玉袋を出しちゃった失敗をリカバリーしたい。



靴の修理

靴のかかとがすり減ってしまっていたので、
靴の修理屋さんに出したら、きれいに貼り直してくれました。
なので、靴紐を買って帰って、それから
新橋の靴磨き屋さんに教えてもらった方法で、
自分でぴかぴかに靴磨きしました。
こうやって修理して長く使うの好きです。



今年、日々心がけたいこと。

世界の平和と人類の大願成就。
戦略をもとに計画と実行。
宇宙と生活、精神と肉体、狂気と形式。拡張と充実。
力を抜いて流れにのる。疲れるのはよくない、自分にも自分以外にも。
ひとりの時間、ふたりの時間、みんなとの時間、それぞれの配分。
インプット・アウトプットの習慣化。
なにごともリラックス・オープン・エンジョイ。
毎日なにか小さくてもひとつ、達成感のあることをする。


早急に決めなくては。