小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



雑想。

リアル桃鉄のことで頭がいっぱいなのですが、
位置情報と時間情報を使ったエンターテインメントについて、
ずっと考えてしまっています。


位置情報だけを使ったゲームは、スタンプラリーとかありますが、
そこに時間の要素が加わって、ソーシャルなつながりと、
コミュニケーションが加わったゲームは、なかなかない。
けど、チームを組んで、朝から晩までリアルタイムで、
目的地に向かって電車を乗り継いで、
たくさんの人とコミュニケーションしながら進める遊び、
ってなると、あんた、リアル桃鉄じゃないか。
もしかして、リアル桃鉄って、すごいのかもしれない。
と、いまさら思って、どおりでウケがよいのだと思いました。


ゲームは、モバゲーみたいに、たくさんの人に、
通勤時間などの短い隙間の時間を使わせて、
少しずつ大量にお金を取っていく方法と、
リアル脱出ゲームみたいに、限定された人に、
数時間単位でしっかり参加してもらって、
しっかりお金を取っていく方法に分かれてる気がします。
前者は、やっても何の足しにもならないのに対して、
後者は、非日常体験を通して、自分の新たな面に気づくような、
有意義なものであったりもします。


で、前者のユーザーと、後者のユーザーとでは、
かなり性質が違っていて、重なりにくいように思います。
ファストフードと、高級料理みたいな。
となると、高級志向の人にファストフードを食べさせたり、
腹にたまれば何でもいいような人に、高級料理を食べさせる、
ということがないようにしたい。
キーワード的なものを抜き出していくと、


人数: 少人数・大人数
ユーザー同士つながり: リアル・バーチャル
空間: 場所を選ぶ・場所を選ばない
時間: 時間を選ぶ・時間を選ばない


これを軸に組み立てて、おもしろいことを考えたいものです。
たくさんの人が、たのしく、しあわせになるように。