小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



結婚式に出席して、とてもよかった。

日曜日、ひらたけさんとかわださんの結婚式に出ました。
もともと、ののほさんを通してひらたけさんと友人になって、
それから、国立国という展覧会に出展させてもらったり、
年に何回かお会いして遊ぶようになっていました。

ひらたけさんは、十万本売れたらヒットというゲーム業界で、
百万本のヒット作を連発する企画の天才で、
狂ったように笑う、本当に愉快な人です。
いちばん想い出に残っていることは、
ひらたけさんと二人で東京ドームシティで、
ジェットコースターに乗って、そのあと、
癇癪玉を張り付けたハンマーで地面を叩いたことです。
当時の日記


かわださんは、最初にお会いしたとき、
「カメムシ子です」
と名乗っていて、なんてひどいハンドルネームを
自分で名乗る人なんだと、恐ろしく思ったのですが、
それはその数日前にゲームをして負けた罰ゲームだった
ことがあとでわかったのでした。
フラメンコを見事に踊る姿は感動的なのでした。


とにかくこの人たちと遊ぶと、
いつも、とんでもないことになります。



で、

こんなとんでもない人同士の結婚式なのだから、
絶対ノーマルな結婚式にはならないだろうと思っていたのですが、
いたってノーマルで、逆にじわじわと笑いが込み上げてきました。
なんというか、セレブパーティーみたいで、
夕陽をバックにかわださんたちがフラメンコを踊ったときは、
なんか、とんでもないものを見ている気がしました。


ひらたけさんは、いつも資本主義やあらゆるものに対して怒って、
ぜんぶぶち壊そうとしている感じの人で、変な人っぽいけど、
実はとても真面目で奥さんには優しい素敵な人なのだなと思いました。


披露宴で、ののほさんと、ののほさんのお子さんの、
ねむちゃん、はなちゃんの横の席にしてもらえてて、
とても楽しく食事をしました。ふたりともとてもかわいい。



とても楽しんで、

そのあと二次会に出席したら、突然「千の風になって」を、
ひらたけさんと二人でアカペラで歌うことになったりしましたが、
気持ちよく歌えてよかったです。


ひらたけさん、かわださん、お幸せに!
これからお二人がどんな風になっていくか、
すごく楽しみです。