小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



変則型ナンパ師

ナンパの本、4冊目に入りました。


あなたはモテないのだから、積極的にナンパをしていかないと、
一生、女性とは縁のない生活をすることになってしまいますよ。


というようなことが、ナンパの本によく書かれています。
しかし、僕の場合、ブログとかmixiとかで、
ナンパをしていないのに、関東、さらには関西まで行って、
平均より多く、女子の方とお酒を飲めているようなので、
ナンパなんかしなくてもいいのではないか、と思いました。


しかし、「ナンパ塾」塾長の草加大介先生によると、
ナンパには3つの型があるそうです。


1.直線型ナンパ
路上でのナンパ。ストリートナンパ。
2.曲線型ナンパ
お店や乗り物など一定時間留まる空間でのナンパ。
3.変則型ナンパ
メディアを使うネットナンパ等。


これを読んで、ハッとしました。
僕は、どうやらこれまで3番目の「変則型ナンパ」を
専門的に行ってきたのではないだろうか。
なんということでしょう。僕は「変則型ナンパ師」だったのです。
申し訳ありません。


こうなったら、ナンパ師たる僕は、


「お酒を飲むだけで終わってはならない」


というナンパ理念を忠実に守っていこうと思います。
ここから先は詳しく書きませんが、
今後のオフ会で、僕がやたらワインを勧めてきたり、
酔ったフリで、ふらついて、で軽く当たってきたり、
iPodtouchで「似てる顔シリーズ」を出して、
指ではじくのを一緒にやり始めたり、店を出た後に


散歩しませんか」


と薄暗い方向に歩みだしたりしたら、
早く帰ったほうがよいと思います。
成功例がたくさんできたら
『モテオタのブログナンパ』というタイトルで本を書きたいです。
KKベストセラーズとか、ワニブックスあたりでいけないでしょうか。
すみません。調子に乗りました。
私にはそんな勇気はありませんでした。




注:モテオタとは、モテる技術に詳しいオタクのことで、
モテているオタクのことではない。