小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



六本木と野生のサル

後輩のトーニャハーディングくんがDJをするというので、
六本木の「SuperDeluxe」で開催されている
「Fragment」というアートイベントへ行きました。



カッコいい絵とか、グッズが販売されていて、
外国の方がたくさんいて、たいへん賑わっていました。
皆さん、さすが六本木という感じで、
ファッションが洗練されていて、おじけづきました。


なぜなら、この会場へ向かう途中、
家の近所でこのようなチラシを見たからです。



僕は横浜市民なのですが、
近所で野生のサルが出没しているそうなのです。
野生のサルが出てしまうようなところに住んでいる者が、
六本木のアートイベントに行ってしまっていいのだろうか、
「サルくさい」と言われないかと心配でしたが、
「サルくさい」と言われなくて、一安心でした。


ところで、トーニャハーディング(以下、トーニャ)くんが、
トーニャくんのお友達に、僕のことを紹介するとき、


「こちら、しーなさん。M−1の3回戦までいってる」


と言うので、それを聞いた方が、


「お笑いの方って、もっとガンガン喋るのかと思ってました」


と、僕を「お笑いの方」と勘違いしていました。
でもよく考えると、僕は何者なのだろう。
「お笑い芸人がモテる」と何かで読んだことがあるので、
今後は、お笑いの人で通すのもありかと思いました。


それと、へもいっ子ステッカーとかを配れてよかったです。
トーニャくんのお姉さんは、素敵でした。
ビールを1杯飲んで、会場を見て回って帰りました。
いろいろあって、おもしろかったです。



へもいっ子といえば、

中村航さん(へもいっ子クラブ会員)の
新刊『僕の好きな人が、よく眠れますように』が
発売されました。今、読んでいます。表紙からして素敵です。


僕の好きな人が、よく眠れますように

僕の好きな人が、よく眠れますように