小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



宇宙が近づいてきた。

最近、お笑いのことを考えすぎて、
少し変になってきました。


家に帰ったら、猫の影のようなものが、
サッと動いて壁に消えていったり、
背後で動物の気配と、今にも話しかけてきそうな息がして、
振り返っても、もちろん誰もいないですし、
大きめの中華まんの形をした、透明なクラゲのようなものが、
2個も空中に、はっきり浮かんでいて、
触ろうとしたら、何の抵抗もなく透けました。
なんなんだろう。


だいたいまとまりましたけども、
まだ考えたいと思います。


ところで、「しーなねこ」と「へもねこ」の違いが、
まだよく分からない人、取り違えている人がいるので、
ここで明確にしておきます。



左の丸いのが、しーなねこで、
右の前髪があるのが、へもねこです。


そして、しーなねこの顔の中心の丸いのは「鼻」です。
鼻の下にある線は、ヒゲではなくて、「口」です。


しーなねこは、僕の自画像ではないかとよく言われますが、
本当は違うのですが、だんだん似てきたので、あれは僕です。
へもねこもひとつ、よろしくお願いします。