小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



渋谷は鬼門

木曜は会社の忘年会だったのですが欠席してしまいました。


うまい酒を飲むために会社に来ている、しいなが、
忘年会に来ないとは一体どうしてと問われましたが、
理由は、忘年会の場所が「渋谷」だったからです。


渋谷は鬼門なのです。


渋谷に限らず、渋谷・新宿・池袋は具合がわるくなります。
しかも渋谷で大人数で飲み会となると、
ビルの5階とか地下とかになって、
想像するだけで憂鬱になってくるのです。恵比寿が限界です。


それと酒を飲んだあとに、
ボウリングをするということになっていて、これも苦手なことでした。
僕はボウリングの玉を転がしていると、3投目くらいから、
なんでこんなことをしているのだろう、
「ピン」ってなんだろうという気になって、
まだあと10回以上も、こんな重たいものを、
気持ちの整理もつかないまま、転がさないといけないのか……。
と憂鬱になってくるのです。


「ボウリングのおもしろさが分かりません。」


と書いていたら、


ラウンドワンから株主優待券が届きました。


そうでした、僕は、ボウリングでお馴染みの
ラウンドワン社の株主でした。割引券は小宮山さんにあげます
(いつもあげますと言って忘れています)。


ラウンドワン以外にもう1社、配当金が来ていて、
「タツタ電線」という社名でした。何をしている会社か知りません。
多分ですが、社名から想像するに、
しょう油に漬けた魚や肉に片栗粉をまぶしたものを、
電線でぐるぐる巻きにして、高圧電流で一瞬で、
タツタ揚げに料理する「食べ物屋さん」だと思います。