小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



居酒屋みどりや岡本太郎展に行った。

金曜日の夜、YUさんと飲みましょうという話になって、
目黒にけっこう集まって、みんなで飲みました。


先月できた居酒屋「みどり」という店で、
いまはビール一杯八十円なのです。安い。
と思ったら、前に会社の後輩だった
トーニャくん(三月末で退職)に連れてってもらった
新宿の「アルプス」という居酒屋の系列店でした。
あそこもビールが百円くらいだったのです。
あと五反田にも「ぼたん」という店があります。


普通に食べて飲んで、他の店なら四千円いくところが、
二千円ですみました。ありがたい。
スタミナうずらもうまいし、また行くぞ!
ありがとうございました。



土曜日は

ひのじさんと、岡本太郎展に行きました。
竹橋の東京国立近代美術館


そのまえに、どこかの国の家庭料理を食べました。
そうだ、ミャンマー料理のミンガラバーというお店でした。

とてもうまかったです
(ライスが前面に来てますが、ひのじさん撮影です)

岡本太郎展は色彩やテーマがはっきりしていて、
痛快でした。カラフルな絵が壁一面に展示された部屋は、
ものすごいエネルギーに満たされていて圧倒されました。
僕がいいなと思った絵は「駄々っ子」という作品です。
駄々っ子のモデルは岡本太郎自信らしいです、
それを横目で見ている桃色の犬は何なのかと思ったのですが、
キャプションには「桃色の犬」としか書いてませんでした。
『新しい芸術の探求』という本が欲しくなりました。

外に出て、皇居の周りを散歩しました。
桜が少し咲いていて、よかったです。
満開の桜を見ると、ちょっと不安になるから。

それから飯田橋まで二駅地下鉄に乗って、
CANAL CAFEに行きました。お堀と、
その先に中央線が走っていて風情がありました。
少し肌寒かったですが、ブランケットを膝にかけて、
ホットコーヒーや桜の紅茶など飲んで、
二時間くらいおしゃべりして帰りました。
いろいろ勉強になったし、やる気が出てきました。
どうもありがとう。