小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



飲んだり、漫画を読んで、主に横になっている。

金曜の夜に目黒の居酒屋みどりで、
カレー屋のこだまさんと、イッセイ氏とで打合せをしました。
八十円のビールを二杯と、ウコン茶を焼酎で割ったものを
飲みました。八十円のビールと言うと、発泡酒じゃないの
と疑いたくもなりますが、あれは正しいビールでした。


こだまさんから、独特で刺激的な活動をしている人々の
話を聞きました。彼らは一九八〇年前後の生まれ、
僕と同年代ということで、奮い立つものがありました。
七月中に、我々もひとつやってやろうという気持ちです。
ひとり二千円ですみました。安い。


土曜日の夜、高田馬場のあげ屋という居酒屋へ行って、
水うに、あじフライなどを肴に、日本酒を飲みました。
この前も来てよかった店で、この日もよかったです。


うまいなあ。


それから、手塚治虫の『ブッダ』を十一巻までと、
中村光夫の『日本の近代小説』とかを読みました。
日曜の夕方、小説をどこかの賞に応募しようと、
原稿用紙を綴じる紐を買いに出かけました。
喫茶店で自分の書いたものを読み返していたら、
眠くなりました。これじゃだめだと思いましたが、
面倒くさくなって、発送の準備を整えました。明日出します。
実際に封筒に入れて宛先を書いて送るところまでやると、
実力の足りなさがよく分かりました。まいった、まいった。


腰はまだ痛いですが、おとといほど痛くないです。
曲げようとすると痛い腰痛には硬い布団がよくて、
反らそうとすると痛い腰痛には、
軟らかい布団がいいらしいですよ。


硬い布団で寝る。