読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ここ一週間のこと。GPS、トマト、月蝕、グリシン。

GPS地上絵というのがあるらしくて、
街を歩いてGPSでお絵描きしようというものです。
で、どんなもんなのだろうと、やってみたのでした。

まず、こうやって、描きたい絵を
GoogleMap上でルートを引きます。
今回は、職場の近く川崎を舞台にしました。
で、道をよく眺めて、こうやればこうかけるのではと
中間地点を置いていったら、こうなりました。


ユニコーンにもキリンにも見えますけど、
クリスマスが近いので、
無理やり「トナカイ」ということにしました。

川崎のトナカイ


あとは、GPSの情報を記録するアプリをiPadにいれて、
iPadをリュックに入れて歩くのみです。
アプリは「iTrail」というのを使いました。
写真撮影はひのじさんです。


で、さっそくですが、結果です!
歩いた軌跡が赤い点で表示されます。

ジャジャーン。
なかなかよいのではないか? と思ったのですが、
よく見ると、脚と首の道を間違えてしまったので、
そこが一本線になってしまいました。くやしい。


時間にして三十分くらい。距離は二キロくらいでした。
普段なら絶対に歩かないような道をてくてく歩くのは、
とても新鮮で、いろいろな発見がありました。
けど、道を間違えないようにしないといけないので、
ぼんやりしていられない緊張感もあって楽しかったです。


こういう動物のお題を出して、誰かが歩いて、
歩いたものをアップできるソーシャルなサイトがあると、
いいなあと思いました。あと、ポケモンみたいなのを、
二十三区内にいっぱい作って、歩いたらそのキャラをゲットできて、
全部そろえましょうみたいなのも、運動になるしいいと思いました。
誰か作ってください。そして、僕にすこしお金をください。



トマト大好き。

ホールトマト缶が二十四缶で千四百十六円と激安だったので、
僕は料理できないのですが、思わず注文してしまいました。



火曜日の夜に、

同じ業界の方とお酒を飲む機会があって、
とても新鮮で楽しかったです。こういう飲み会が、
もっと増えれば意識が高まってよいと思ったのでした。
相手の方の中に、リアル桃鉄をご存知の方がいて、
来年はやりますと言ってくださったので、
来年もちゃんとリアル桃鉄やります。



水曜

ジムに一週間ぶりに行って運動をしました。
運動する前に、はなまるうどんで、
温玉ぶっかけに揚げ玉と七味をたくさんかけて、
食べました。うまい。
全身の筋トレをして、有酸素運動を二十分。
サウナに十分入って、大変心地よくなりました。



あと、

こんなのを買ったのだ。

ファイン グリシン30包

ファイン グリシン30包

ぐっすり眠れるサプリメントらしいです。
その前に、そうだ、この本を読んだのだった。
4時間半熟睡法

4時間半熟睡法

平日は四時間半の睡眠でいけると書いてあって、
その中で、この「グリシン」というアミノ酸が、
推薦されていたのでした。大丈夫だろうかとすこし思いましたが、
仮に摂りすぎてもコラーゲンになるだけらしいので、
しばらく飲んでみます!
効果があるかどうかは、追って報告します。


といっても、僕は寝つきはすごくよくて、
ぐっすり眠るタイプなので、ちょっと
どうなるかわかりません。
あとどうしても七時間は寝たいの。



そうだ、

イトイ新聞の中のコーナーで紹介されていた
この本がおもしろそうすぎて注文して、
先ほど家に届いていたのですが、
ぱらぱら見てみたのですが、ほんとにおもしろそう。

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

  • 作者: デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン,糸井重里,渡辺由佳里
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2011/12/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 10人 クリック: 133回
  • この商品を含むブログ (57件) を見る
だけども、今週末は小説教室があるので、
その課題の小説をまず読んでいるのでした。


新潮新人賞の『楽器』『フラミンゴの村』と、
文学界新人賞の『きんのじ』を読みました。
あと谷崎潤一郎の『痴人の愛』をいまごろ読みました。



ああ、あとそうだ

あれ、すごかったじゃないですか。

月蝕。でも、この月蝕のとき、
僕はものすごい悪寒に襲われて、
月が欠けていくのに合わせるかのように、
冷気が体を占めていって、どうなるかと思ったのですが、
月蝕が終わったら元にもどりました。あれは何だったのだろう。

それから、髪の毛を切ったのだった。
いつもの美容師さんに、
「クリエイティブな感じにしてください」
と伝えて切ってもらいました。