読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



二、三週間前のこと。このまえのこと。ここ一年。

生活

少し疲れぎみで、ゆったりしていると、
あっという間に四十五分くらい経っている。
寒くなったり、暑くなったりしているので、
みなさん体調に気を配りましょう。


妹から聞いた話。
朝、駅に向かう途中に保育園の男の子がいて、
お母さんが「行くよ!楽しいよ!」と呼んでいるのに、
じっとしゃがみこんで、動かずにいたそうです。
で、男の子はしゃがみながら、こう言ったそうです。
「たのちくない」
お母さんが何度も「行くよ!」と言っても、
「たのちくない」
「たのちくない」
を繰り返していたそうです。
男の子は小さなリュックを背負っていて、
リュックに付いているクマのアクセサリーは、
地面に接していたそうです。
その話を聞いて、僕は、
「たしかに、保育園は、たのしくないよなあ」
と思いました。

二、三週間まえ

大学の同級生と津田沼で飲んだのだった。
たるうさん、ヒロヒロさん、やじやじさん。
すごい雨と風で、とても寒かった。
大学に寄ったら、大きなビルが二つも建っていて、
津田沼辺りには高い建物がないので、
最上階近くまで行ったら、遥か遠くまで見通せた。
ディズニーランドも見えるのではないだろうか。


みんな三十を越えても、あまり変わっていなかった。
二十代前半の時にあった小さな違いが、
それぞれ際立っていった感じ、かな。

このまえ

社員全員が参加する大きな会議が半期に一度あって、
それが地区センターみたいなところで行われたのだった。
昼の十二時に終わる予定だったのに延びて終わらず、
お腹が空いて「早く終わらないかな」と思っていたら、
いきなり名前を呼ばれて壇上に招かれ、表彰された。


昨年から関わっていたプロジェクトが社長賞を取ったのだ。
まさかこんなことになるとは思っていなかったので、
一言コメントを求められたけど、頭が真っ白で、
「頭が真っ白です」
としか言えなかった。
もっとおもしろいことが言えたはずと後悔した。

ここ一年

去年の七月に異動があって、がらっと変わった。
四月から、また新しいことをやるのだけれども、
これもとても勉強になるし、わりと、たのしい。
たいへんよかったと思う。よかった。
iPhoneが支給されたし。ほんとによかった。
企画の部署になったので、
慣れてきたらおもしろいことを企画して、
知名度を上げて、セレブになりたい。