小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ポエム・THE季節の変わり目。

髪の毛がごわごわと硬くなって、胃の調子がよくなく、
背中や後頭部が突然、カッとかゆくなる。
「リンデロンV」というローションを頭のかゆいところに塗って、
キャベジン」を飲んで寝る生活。


THE季節の変わり目。

  • - -

なぜだろう。よく分らないのですが、悲しくなります。
品川駅で乗り換えるために、ホームを歩いて階段を、
とぼとぼ上っていたら、涙が出そうになりました。
涙をこらえて、横須賀線に乗ったら、
乗客が全員、死んだ人に見えました。
肌の色や目の色、どうして乾いた土の色に見えたのだろう。


THE季節の変わり目。

  • - -

僕はこれまで何をしてきたのだろう!
そしてこれから何ができるのだろう!
どれだけのものを見逃してきたのか、
もはや取り戻せないものばかり。


後悔しても始まらないことは分かっている。
だからといって、明日から何ができるというのか。
信じる力が必要だけど、その力はどうすれば手に入る。
自問自答で日が暮れて、ベルトコンベアは止まらない。
三食おはぎは床に落ち、食べられなくなる。


嗚呼、山崎製パン横浜第一工場!


私はアルバイト代をすべて株に注ぎ込み、
半分にしてしまいました。


ポエム・THE季節の変わり目。