小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



2008年の心構え

お正月休みが、本日で終わりました。


朝8時に起きて、ジムでトレーニング。
帰ってきてから、家族で鎌倉にある回転寿司へ行きました。
僕がクルマを運転すると、妹が不機嫌になります。


鎌倉は初詣の参拝客がたくさんで、すごい渋滞。
2時頃に家に着きました。それからゴロゴロして、
今年のことを考えて、夕飯食べて寝ようとしています。


今年の目標というか、心構えは次のようになりました。



自分は常に世界最高記録を出し続けていると確信する

自分の生活を、自分だけが参加している競技だと決める。
競争相手は他にいないので、自分のやることなすことは、
転んでも遠回りしても、どんなことになってもベストで、
常に世界最高記録を更新し続けているのだ。


他の人も、そのひと独自の競技(生活)に出ている。
自分と他の人の競技(生活)を比較して、
勝ち負け(幸せや不幸)を決めることはできない。
なぜなら、砲丸投げと棒高跳びのどちらがすごいかを
決めることはできないのだから。


人は完全に独立した人であって、モテる・モテない、
カッコいい・かわいい、金持ちだとか知名度があるとか、
そういったことにこだわってはいけない。
いけないのは、他の競技に浮気することだ。例えるなら、
走り跳びの選手が、いっこく堂の腹話術芸をモノにしたいと
欲張るような行為である。


その人が幸せか不幸かは、比較できないものであり、
その人自身が決めることである。
もし不幸があるとしたら、その人が自分を他人と比較するという過ちから、
無間地獄に落ちてしまったことによるものなのだ。



脳のことをよく考えて行動する

計画を立ててもやり通せないとか、いろいろ考えても長続きしない、
気分にむらがある、いやな感情を引きずるといったことを、
「性格」といって決めてしまうのではなく「脳」に原因があるのだと思う。
自分の脳のどの部分が活動過多になっているのか、
深部辺縁系、前帯状回を意識しながら、
睡眠・食生活・運動・認知から見直して、健やかな生活を送る。


それにより、前前頭皮質もクールになって、
人間を進歩させてきた、計画性や合理性が素直に出てきて、
より人間らしい生活を送ることができるだろう。



宇宙との一体化

宇宙と一体化して、無限のエネルギーを全身に流す。
本質に近づく行動を自然に選択できるようにして生きる。