小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



関西MMK紀行まとめ

1日目(4/27)「旅立ちと反省」
2日目(4/28)「幸せ・不思議な組み合わせ」
3日目(4/29)「業火・人は何で生きるか・愛」
4日目(4/30)「ゆっくり過ごしました」
5日目(5/01)「さようなら関西」


イガラシイッセイ氏による日記
GW関西遠征:part 1
GW関西遠征:part 2


はにこさんによる日記
「ねこのボスとゆかいな仲間たち」


それから先ほど、京都でご一緒したJeanさんから
「Kombawa ! O genki des ka ?」
というメールが着ました。なんだかおもしろいです
(この場合、お返事は何語で書けばよいのでしょう)。


たしか今年の1月頃は、MMKに限界を感じて、
「MMK計画は終了しました」
と書いたと思うのですが、
その翌月に小説家の中村航さんより絵葉書を頂き、
MMK計画が再始動したのでした。


そして、僕の中で「モテて・モテて・困っちゃう」という
自分が困る受動的なモテから、
「モテて・モテて・困らせて」と言われるような、
世の人々を困らせるほどの能動的なモテへの転換がされ、
一念発起して、3月・4月は毎週のように、
合コン的なもの、オフ会的なものを開催し、
女子のいるところへは出向き、ついには、
飛行機で関西へと飛び立ったわけです。


もともと社交的でない僕が、
短期間にたくさんの方に会ったので、
疲労が蓄積していたのか、大阪で高熱が出て倒れて、
夜少し泣いて、反省したのですが、
たくさんの方に会えたのは、MMK計画のおかげです。


これまでのMMK計画で、とても感じたことは、
「女性は皆さんとても優しい」
ということです(今ごろ、わかりました)。
「もっとも優しくない女性でも、
もっとも優しい男性より、優しいのではないか」
とイガラシイッセイ氏に帰りの飛行機で言ったら、
「人によると思う」
と言われましたが、どうでしょう。


あと、僕は僕自身を優しくないなと思いましたので、
優しくなりたいと思います。愛です。


これからも「モテて・モテて・困らせて!」を旗印に、
やっていきたいと思います。


「きっちり反省、すっきり出発」