小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



さえさんの舞踏と、イッセイ氏の演奏を見に行った。

祖師ヶ谷大蔵の広いカフェで、
インドネシア舞踏家のさえさんの舞踏があって、
そこで、イガラシイッセイ氏がHAPI DRUMの演奏をする
というので見に行きました。会場は満員で、
YUさん、なおさん、キョウコさん、
イッセイ氏の小学校からの同級生のイチさん、
タンギー爺さんがいました。



さえさん以外の踊り子の方々も続々出て、
全部で8つの踊りがありました。前にも見ましたが、
お皿を落とさずに踊るのが好きです。



中盤の辺りで、イッセイ氏と奄美三線の折原氏が登場し、
演奏をして、それに合わせてさえさんが踊っていました。



舞踏は、手の指先、足の指先まで神経が行き渡っていて、
すごい練習量が窺えました。楽器の演奏もよかったです。



その後

カフェの向かいの居酒屋に入って、ビールなどを飲みました。
エストニアに仕事に行っていた、なおさんが、
お土産にねこの人形をくれました。



目が赤いので、YUさんが「ちまなこ」と命名しました。
僕も血眼でやりたいと思いました。