アサラトが届いた。プロジェクト・セレブ進捗報告。



注文していたアサラトが届きました。



アサラトはアフリカの楽器で、
マラカスのようにシャカシャカ振ったり、
玉同士を当ててカチカチ当てて楽しむのですが、
難しすぎて、シャカシャカすることしかできません。


なぜアサラトを買ったかというと、
ある人の夢の中に僕が出てきて、
夢の中の僕がアサラトを神業のように操っていた
ということだったので、
できるんじゃないかと思ったためです。


と、とりあえず、練習します。



プロジェクト・セレブ進捗報告

約1ケ月前の日記に、下のようなことを書いたのでした。

1. 言語:小説
2. 演技:漫才
3. 音楽:即興音楽(TENORI-ON等)
4. 総合(イベント・ネタ・写真・映像等):企画

この4つを1ヶ月単位で締切って、それぞれ作品を作る。
さらにその1ヶ月の間に、PDCAサイクルを回す。
1週目に計画、2週目に行動、3週目に確認、4週目に改善。


4つを並行してやったら、


「しーなさん、倒れますよ」


とイッセイ氏に忠告されて、実際に体調を崩しましたが、
なんとか最初の一歩は踏み出せたような気がします。


リアル桃鉄は、実行とレポートができました。
漫才は、次の土曜にM−1の予選に出ます。
来週20日からの連休中は、
「国立国2009」という展覧会に出品する予定です。



音楽については、mocotiumさんとお話して、
アイデアが出たので、実行に移していきたいです。


ただ、小説が、今月は原稿用紙2枚しか書けませんでした。
「1ヶ月ずつ12人と付き合う」企画も、祟りとか、
季節の変わり目で弱気になって、止めてしまいました。
企画はブログでの事実報告と、
フィクションを混ぜて小説にする予定だったので、
どうしようかと悩んでいます。



なんで、

こんなに、やらなくてもよさそうなことを、
真剣にやっているのかというと、




「働かずに遊んで暮らしたい」




からです。遊んで暮らすには、
適当にやっていてはいけないと思ったのでした。
おもしろいことを考えて実行して、
もっと自分を追い詰めないと、遊んで暮らせないのです。
MMKとセレブへの道は遠く険しいです。