小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



へもねこ人形とかを作っている。酒と精神力。

しーなねこ人形と、へもねこ人形の注文を頂いて、
近頃は人形制作に励んでいます。



制作途中の写真をTwitterに出したら、
さらに注文を五つも頂くことができました。
そのうち僕は人形作家になるかもしれません。
そしたら、しーなジュサブローと呼んでください。


値だんは、しーなねこ人形が八〇〇円。
へもねこ人形が四〇〇円となっています。
四〇〇円あると、会社に来るお弁当屋さん
「新明治」のお弁当を一個買えます。



それにしても、

FIFA」って言いづらいですよね。
「フィファ」と口に出してみてください。
「フィハ」になったり「ヒファ」になるはずです。
続けて「オーヤンフィーフィー」と言ってみてください。
言えるでしょう。FIFAの難しさは、
フィとファが繋がっていることに由来します。
まったくどうでもいいことです。



最近、思ったことは、

人間の精神力を測るものさしとして、
酒に対する態度があると思いました。
「今日はビール二杯にしておく」
と飲む前に断言することは誰にでもできますが、
飲み始めてからです。二杯飲み終わったあとに、
最初の宣言通りウーロン茶に切り替えることが出来る人は、
精神力が強靭だと思います。きっとこういう人は、
誘惑に負けず、人生の局面で間違いを犯さず、
素晴らしい未来を切り開いていくと思います。


一方、宣言をしてもニ杯飲んだら、
じゃもう一杯だけと言って飲んで、
飲んだらさらに陽気になってもう一杯もう一杯、




「今日ぐらいいいじゃない」




と焼酎をロック、さらに日本酒。
徳利三本空けて、「あー、飲みすぎた」と、
ここでようやくウーロン茶にするかと見せかけて、
「サワーなんてのはジュースみたいなもんですよ」
とグレープフルーツサワーを五杯飲んだら、
「お客さん!」
と覚めよと呼ぶ声があって、京浜東北線の終点。


こういう馬鹿な飲み方をするお友達は、
地獄に堕ちると思います。
だから、この人は信用できるかと思ったら、
酒を飲ませて観察するとよいと思います。



梅雨だと前髪が跳ね上がる

のですが、どうしたものかと思います。
くせっ毛で湿度が高いともじゃもじゃになって、
「しーなさん、パーマかけましたか?」
と聞かれたりしましたが、
僕がかけたのはストレートパーマです。
もういっそのこと、くせ毛風ゆるふわパーマで、
モテたろかと思いました。