読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



11月末からの日記と、エクストリーム出社関係イベントなど

日記に間が空いてしまった。
お気づきかと思いますが、はてなダイアリーから、
はてなブログに移動しました。どうでしょうか。
書く方としては、いろいろ便利になりました。
まだちょっと慣れない感じはしています。


何をしていたか、書かないと忘れてしまう。
11月の末までさかのぼる。

11月29日(金)

「かぐや姫の物語」を上大岡でレイトショーで観た。

ジ・アート・オブ かぐや姫の物語 (ジブリTHE ARTシリーズ)

ジ・アート・オブ かぐや姫の物語 (ジブリTHE ARTシリーズ)

おもしろかった。
竹取物語を教科書で部分的に読んだ時には感じなかったけど、
映画は、仏教のお話だと思った。実際どうなのだろう。
ひとコマひとコマも、声優さんの声も、
とても丁寧でやさしくて、ふいに涙が出そうになる。
日本のアニメだけど、外国人から見た日本のアニメみたい
というか、自分がよくわからない国の人になった気がした。
http://instagram.com/p/hUkQiGCwpm/

11月30日(土)

f:id:shiinaneko:20131201042643j:plain
自転車を失くしてしまったので、
スーパーカブ50でジムに行って運動。
最近、NikeのFuelBandという腕輪をつけている。
ソーシャル万歩計みたいなもので、運動すると、
FuelというNile独自のポイントが上がっていって、
いつ、どのくらい動いていたかが24時間記録できる。
あと少しで目標値だと思うと、余計に歩いたりする。


夜に池袋の東京芸術劇場へ行って演劇を見た。
フェスティバル/トーキョーのプログラムのひとつ、
「光のない。(プロローグ?)」。
作はエルフリーデ・イェリネクで、演出は宮沢章夫さん。
まったく歯が立たなかった。けど、おもしろいなあと感じた。
もっといろいろ観たいなと思った。

12月1日(日)

昼から髪を切ってもらって、夕方から、
さとこさん、おのしゅうさんと弘明寺観音まで散歩をして、
上大岡でお酒を飲んだ。鳥佳という昔からあるうまい焼鳥屋の、
四号店ができたと聞いたので行ったのだった。店名は鳥火。
煮込みも、焼き鳥も、鳥佳とほぼ同じクオリティだった。
内装がずいぶん小洒落た感じになっていて不思議な感じ。
http://instagram.com/p/hX5zSbCwrG/
途中であまやんさん合流、
というか来襲という感じ。おもしろかった。
http://instagram.com/p/hYFT8eiwmv/

12月3日(火)

エクストリーム社員旅行をした。
エクストリーム社員旅行とは、平日に定時退社して、
温泉のある旅行先へ直行して、宴会。温泉に入る。
一泊して早起きして観光。そして集団出社する。
というエクストリームな行程の社員旅行だ。
前もって、福利厚生で安く泊まれる温泉付きのホテルと、
ホテルの近くの居酒屋を予約しておいて向かったのは、
三浦半島を半分くらい南下した、三浦海岸。
このときの内容は、Togetterにまとまっている。
18人で火曜の夜から!MapFanチームのエクストリーム社員旅行
会社の記事としても書いて公開する予定。
http://instagram.com/p/hf6AwjCwoE/
出社前に買った中トロが、感動的にうまかった。

12月6日(金)

早朝食堂の連載のために、
5時起きで川崎へ朝ごはんを食べに行った。
前々から何度もお昼に行っている定食屋さんがあって、
そこはメンチカツがうまいのだけど、
朝は6時からやっていると聞いてチェックしていたのだ。
川崎駅の東口を出て、図書館のあるタワー・リバークの中にある、
島田屋さんというお店。朝なので豚汁定食にした。520円。
島田屋(神奈川県川崎市)/ 40年以上の歴史あるメニュー豊富な定食屋さん


この日の夜、豊洲へ行った。小説教室に通っている。
ぼくは事前に小説を提出していて、その講評を受けた。
同人誌「突き抜け6」に掲載した、
エクストリーム出社をテーマにした小説。
この小説は、ここ数ヶ月やってきたエクストリーム出社で、
得られた様々な体験や、いろんな人から聞いたエピソードを、
ふんだんに盛り込んで書いたフィクション。
取材を受けたときに、よく聞かれることを中心に、
メリットとか、眠くならないかとか、仕事の生産性はとか、
みんなが聞きたがりそうなことと、読みたそうなことを、
徹底的に意識してラブ要素を入れて、
ウケるように売れるようにと自分なりに書いたのだった。
登場人物の名前も人気の名前ランキングを
上から取ってくるくらいのウケたがりようだ。
エクストリーム出社がメジャーになって映画化の話が来たら、
「これを原作にしてください」とサッと出せるように、
きちんと完成させておきたい。


講評がどんなだったかは、ここには書かないとして、
一緒に教室に通っていて、提出もしていたイッセイ氏の小説が、
絶賛されたのだった。イッセイ氏が褒められてうれしかったが、
教室の後の飲み会で、異常に飲んで吐いてしまったのは、
もしかすると、心のどこかで嫉妬していたのかもしれない。
いや、飲み会での話が超楽しかったのと、
5時に起きて寝不足だったのがまずかったのだろう。
先生、申し訳ありませんでした。

12月8日(日)

小宮山さん主催の「オレのお米まつり」と、
ウエノさんが幹事の「なおさん誕生会」の合同イベント。
へもい界隈のひとたちが20名近く集まった。
イベントの最後は、ぼくが「ヘもいオブザイヤー」を発表する。
という一連の流れが、恒例行事となりつつあって、今年で3年目。
このイベントが終わると、今年も終わりかあという気持ちになる。


みんな一品料理を持ちよって、白米の入ったお茶碗を片手に、
米に合うおかずを食べまくって、みんなで投票をする。
http://instagram.com/p/hp0Ur6iwuE/
今年の優勝は、イッセイ氏の「豆乳カレー」だった。
最近、イッセイさん活躍している。
しかし、カレーって、いいのか?
ご飯に合うことなんて、誰でも分かりきっている。
その証拠に、カレーライスというものが世に存在している。
しかし、うまかったから、仕方ない。
ちなみにぼくは、石巻の木の屋さんのさば味噌煮缶に、
長ネギを切ったものと、チーズをかけて溶かしたものを出品。
初めて作ったので、どんな味がするのかわからなかった。
けど、第5位だった。


なおさんには、すばらしい手作りケーキ。
泣きそうになっていた。一年一年、みんな年をとっても、
ちゃんと集まって仲良くできて、しあわせな気持ちになる。
そして、今年のヘもいオブザイヤーは、大変にもめて、
「該当者なし」と発表してから二度も取り消されるという、
異常事態になった末に、しーなねこが受賞した。
ぼくが受賞したといっても、賞を与えたのもぼくだ。
ヘもいオブザイヤーは、今年もっともへもかった人に送られる。
また選考基準は、へもいだけではなく活躍も必要なのだ。
宇宙と生活。その中間の不安定なことが、へもいということだ。
そして、へもさの感覚を「へもセンス」という。
自分が受賞したことに、少し混乱したが、
一夜明けたとき、やっぱり、ぼくしかないなと思った。

エクストリーム出社関係

12月15日(日)の朝9時

アップルストア銀座で、
エクストリーム出社のシンポジウムがあって、
それにパネラーとして出ます。
エクストリーム出社をまじめに語ります。
第一回エクストリーム出社シンポジウム on everevo
無料なので、ぜひ遊びに来てください。

12月19日(木)の夜11時

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」で、
エクストリーム出社の特集が放送される予定です。
突発的に、差し替えがある場合もあるそうですが、
見てみてください!

来年、1月15日(水)

f:id:shiinaneko:20131212164411j:plain
エクストリーム出社についての新書が出ます。
エクストリーム出社のやり方、メリット、
全国の出社ニストのひとたちの事例紹介。
初心者から上級者までのおすすめコースなど、
内容がいっぱいなので、ぜひ読んでください。

サラリーマンは早朝旅行をしよう!   平日朝からとことん遊ぶ「エクストリーム出社」 (SB新書)

サラリーマンは早朝旅行をしよう! 平日朝からとことん遊ぶ「エクストリーム出社」 (SB新書)

現在予約受付中です。

1月17日(金)の夜

エクストリーム出社本の出版記念イベントを
お台場のカルチャーカルチャーでやります。
これまでの歩みや、ウラ話的なこと、
名出社の紹介や協会員の方に行ったアンケート結果。
TAN-SUさんとの地域活性コラボレーション、
テーマソングに早朝食堂。他にもたくさんのコラボ企画。
ゲストをお招きして、たくさんお話しする予定です。
エクストリーム出社ナイト ~朝にやったらおもしろかったこと10+α~ TOKYO CULTURE CULTURE:@nifty


他にもエクストリーム出社系のイベントがいくつかある。
追って公開するので、ぜひご興味のある方は、
ご一緒に参加していただければと思う。

エクストリーム出社以外にもイベントいっぱい。

1月13日(月・成人の日)

恒例のhassyさん生誕祭で、出し物をする予定です。
hassyさんイベントでの出し物は、ぼくの中では、
1年を占う意味があるから、気を抜けない。


2月以降は、大切な友人たちの結婚式が続く。
実にいろいろあって、きちんと休めるのか心配だ。