小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



何も決まらなくて、雪。

「欽ちゃんの仮装大賞」への応募が、
今週末に迫ってきたので、一緒に応募しようとしている
チラマイコさんと新宿の居酒屋で打合せをしました。


結局、何も決まりませんでした。


僕もチラマイコさんも、あれなのです、
話が抽象的であちこちに行くのです。
この僕が、
「チラマイコさんは、話が抽象的であちこちに行く人だ」
と思うくらいだから、よっぽどなのです。


きっとそうなるだろうことを見越して、
現実的なイガラシイッセイ氏を呼んで、
打合せに参加してもらったのですが、
収束しませんでした。


各自、申込み用紙に、自分のアイデアを書いて送る。
ということになりました。


外は雪です。寒いです。