小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



hassyさんと横浜で漫才の打ち合わせ。ムーディー。

来週の土曜に「ねことくノ一」というコンビで
漫才をするために、漫才の相方であるhassyさんと、
横浜で打ち合わせをしました。



(右:hassyさん。「リアル桃鉄2009」より)


横浜そごうの中の喫茶店で約4時間(?)、
僕がネタの筋を考えてきたので、それを元に、
考えていることをずっと話して、それに対して、
hassyさんがアイデアや意見を返しての繰り返しで、
メモを書いて、内容がかなりしっかりしてきて、
何とかなりそうと思いました。あとは詳細を詰めます。



夕方になっていたので、

食事をして帰りますかとなって、
ベイクォーターの方に向かっていき、レストランを決めたら、
ふと「シーバス(水上バス)乗り場」という看板が目に入って、
おおーっと思って、




「シーバス乗り場、見てもいいですか」




と言って付いて来てもらったら、
ちょうど出航近い時間だったので、




「シーバス乗ってもいいですか?」




と了承を得てチケットを買って、シーバスに乗りました。
レストランのことは忘れていました。



そして、このシーバスの楽しいこと、楽しいこと。
水面が結構近くて、エンジンの音やガソリンの匂いも心地よく、
小気味よく水面を裂いて、潮風を受けて進んで行きます。
月が満月ですごく明るく、
そういえば先月も満月のときに納涼船に乗ったので、
満月の夜は船に乗りたくなるのではないかと思いました。



僕はこう見えて、横浜生まれの横浜育ちなので、
「あれがランドマークタワーです」
「あれがなんとか、コンチネンタル、なんとかです」
と得意になって説明を繰り出しましたが、
「マリンタワー」とお教えしたものは、何か別のものでした。



横浜駅東口から、みなとみらいを通って、
赤レンガを通って、山下公園まで行くのですが、
20分乗って、赤レンガで降りました。




hassyさんは赤レンガに来たことがないそうです。
「しーなさん。赤レンガ、無駄にムーディーですね」
と言われ、たしかに男女で来たので、
完全にデートみたいになっていました。


しかしせっかくなので、さらにムーディーな、
赤レンガ内から夜景が見える、タイ料理店のテラスで、
ビール飲んで、焼きそば、カレー、ナシゴレンを食べました。
すべて炭水化物でした。



赤レンガ倉庫って、もっと混んでいるものだと思っていて、
夜に食事に来たりしてこなかったのですが、
空いていてこれはいいと思いました。
hassyさんに、シーバス→夜景→赤レンガ→レストランの
一連のセットをデートに使ってくださいと言われたので、
中華街と合わせてパターン化し、案内できるようにして、
モテたいと思いました。


食事中は、脳とお笑いと、
芸術と婚期とトラウマについて話し合いました。
そうでした、来週辺りに、
ここ赤レンガでオクトーバーフェストがあるようですよ。


完全にリラックスして、
「ダラーっとなっちゃいましたね」と言いつつ、
大観覧車を下から見上げたり、
夜10時で閑散とした大道芸を少し見て帰りました。
よい休日でした。


なんて言ってる場合ではなく、
漫才を早く書かないといけないのでした。