小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



iPadを買ってずっと遊んでいた。

土曜日の朝にテレビを見ていたら、
iPadのことをニュースでやっていて、
欲しくなりすぎて気持ちがわるくなってきたので、
ふらふらとヨドバシカメラに行って買いました。
3Gタイプの16GBのモデルです。


外ではSoftBankの電波が入れば通信できて、
内ではWifiです。僕はこれまで長く我慢しておりましたが、
携帯の小さい画面で文字をぽちぽち打つのには、
うんざりしておったのです。


で、このiPadはキーボートみたいなのが
このように出てくるので、



どこでも素早くメールの返信やブログの更新ができます。
携帯だと、僕は長文は家に帰ってから書いていましたので、
読み返したり考え直したりの時間の短縮になります。
RSSリーダーTwitterやEvernoteのアプリを入れて、
GoogleカレンダーGmailを同期させたり、PDFを読んだり、
Wikipediaを読んだりとかが、大きい画面でできるので、
情報収集と整理とその後のいろいろ考えることも、
移動中や外で、わりと本格的にできるのです。


携帯のように、手にぱっと取り出せませんが、
歩きながら見るより、情報に触れる時間に
メリハリがついて集中できるので効率的な気がしました。
あとバッテリーが非常に持つのがよいと思いました。
10時間くらい連続で使っても大丈夫でした。


エンタテインメント的にも
Youtubeエヴァンゲリオンを寝ながら見たり、
ゲームやら充実しており、まったくたいしたものです。




最高のおもちゃ。


今日は友人のオカンダと飲んだりしましたが、
話しながら出てきたキーワードをiPadで検索して共有したり、
通信も問題なく、コミュニケーションツールとしても、
有効であると思いました。


こういうハードが今後いろんなメーカーから
たくさん発売されると思いますが、
Appleのトーンみたいなものはやはりここにしかなくて、
これは当面Appleの独壇場になると確信しました。


iPadのことをほめまくってしまいましたが、
これはほんとにいいと思います。大きいのがいい。
理想としていた世界に一歩近づいた気がしました。
大げさですね。