小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



バーベキューの日を間違えたり、間違えずに行ったりした。

土曜日の昼。
たかはしさんのビルでバーベキューがあるというので、
ウインナーを大量に買って出向いたところ、
道に迷ってしまいました。


イッセイさんも行くことになっていたので、
メールで、
「たかはしさんの家がわかりません」
と送って、しばらくうろうろしていたら、
見覚えのあるところに出たので、少し歩いたら、
無事に家の前にたどり着きました。


するとズボンの中でiPhoneが振動したので、
取り出して見ると、イッセイ氏からの返信。


「バーベキューは明日じゃないですか?」


そうでした。バーベキューは明日でした。


しかたがないので、そのことをTwitterでつぶやいて、
近くの中華料理屋で角煮定食を食べていたら、
たかはしさんが来てくれたので、少し話をして、
「また、明日来ます」
と、ウインナーを渡して、帰りました。

日曜日

今日こそは間違いないだろうと慎重に向かいました。

とてもよい天気で、ぽかぽかして気分がよかったです。
途中、道路の真ん中で消防訓練をしていたので、
眺めながら歩いていたら、僕がちょうど横切るときに


「放水開始!!」


という掛け声が上がり、
水の柱がむくむくと角度を上げて、高くまで飛び散り、
ターゲットの炎の看板を倒しました。
そして、その余った水しぶきは、風に乗り、落下して、
僕の服をまんべんなく湿っぽくしたのでした。


バーベキューは予定通り開催されました。

ののほさんが買ってきた高い肉。

まいこもりすさんが買ってきた鯛。

さいごは焼きそば。



ちょっと熱中症っぽくなってしまった僕。

集合写真。


いやあ、楽しかった。十二時半から、
ずっと何か飲んだり食べてしていました。
みなさん、どうもありがとうございました。