小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



日記じゃないメモ

日記じゃないですが、思い付いたらメモをしているので、
そのメモをぱらぱらと載せていこうと思います。
ってやっていたら、全体的に暗い内容になってしまった。
自分のことばっかりだし。

32、3歳頃から、自意識的なものが薄まったり、
強い不満や欲求がなくなったり、
いろいろ楽になってきた気がするのだけど、
振り返ると不満や怒りや欲求が、
いろいろな活動源になっていたような気がしている。

みんなでお好み焼屋で食べて飲んで(ビール一杯)、
以前より生きづらさが消えてきたなどと話したけど、
そんなことを話題にしている時点で、依然として生きづらい。
それからいろんな話をしたけれど、
結局ぼくは、寂しいんだなと思った。

夜中に発車した東海道線に、
おじさん(たぶん酔っていた)が手をついて、
くるっと回転して、スピードのついた車両に頭をぶつけて、
ホームに倒れた。電車はストップ。血などの外傷はない。

その様子を見て、ぼくは自業自得だと思って、
びっくりして立ち止まる人たちの間を抜けて、
何事もなかったかのようにその場を去った。
少しして、自分の冷たさにぞっとした。
さらに時間が経つと、恐かったのだと思った。
ぼくは臆病で逃げだしたのだと思った。
臆病だと冷たくなる。温かくするには勇気がいる。
どうしてぼくはこうなってしまったのだろう。

古本屋に入って、本を何冊か買い、
店を出てからamazonの古本相場をチェックして、
どれだけ得したか、おのしゅうさんと競った。
おのしゅうさんは数百円で買った2冊が、両方とも1円だった。
ぼくは1000円で買ったのが500円だった。
1円じゃなくてよかったと思ったが、
本の訳者を検索したら、
出版の10年後に殺人事件を起こしていて、
複雑な気持ちになった。

コンプレックスや業のことばかり考えている。
心の傷が活性化して行動しつづけた結果、
どこかに辿り着いたとして、
その場所が求めていた場所であろうがなかろうが、
どちらでもいいのではないかと思った。
辿り着くまでに得た技術や知識などは本人に残るし、
もし何も残らない最悪の旅だったとしても、
同じ過ちを繰り返さないための役に立つ。
心が多少ましになって、傷は客観的に見れるようになって、
次の場所へ進むことができる。


『突き抜け』販売中ですよ!
(通販、あまり売れてません!)


https://instagram.com/p/2LuSVjiwhD/