読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



『突き抜け9』出ました

突き抜け9』が出ました。
第一作の『突き抜け』の発売が、
二〇一〇年五月なので、とうとう五年目です。
そりゃあ、ぼくみたいな下手な人でも、
五年もやってるんですから、多少はましになりますよ
(なっててほしい……)。
前号あたりから、自分なりに書くことが、
ようやくわかってきたような気がします。
何度も書くことが大切なのですね。


ここ最近、精神分析の本をよく読んでいます。
精神分析を通して、分析家とクライアントの
共同作業で紡ぎだされる「物語」の意味や、
その表出のしかたに興味を持ちました。
小説と重ねて読んでいます。
いろいろ思ったことがあるので、
ブログに整理して書きたいと思います。


今回の突き抜けに書いたのも、前回のも、
自分の精神分析をするみたいにして書いたものになりました。
だからか、書いている間と、書き終わってからしばらく、
とても憂鬱になりますが、それを越えると、
すっきりじゃないのですが、自分の歪みや破綻がわかって
諦めがつくというか、書く前よりも精神が、
多少ましになっている気がします。
自分を、ましにしたくて書くみたいになっていますが、
読んだ人にも何か変化があればいいなあと思います。


『突き抜け9』は10人で作りました。
みなさん、とてもおもしろいです。ページ数も過去最大で、
内容もバリエーションがあって読み応えがあります。
ぜひ読んでください!!

こちらから購入できます。
突き抜け9
800円/154ページ/2015年5月発行

収録作
「だだ捨離」 高林 村
「距離のスナップ」 寺沢 美帆
「透明標本」 とろ
「女と猫と赤ちゃん」 千木良 まりえ
「空と屋根との間には」 たかはし りょうた
「秘密」 竹本 統夫
「とても眺めのよい座敷牢」 鈴木 鹿
「ラヴ・タクティクス」 和田守 俊介
「どう罵るか問題」 椎名 隆彦
「リクロマシー・セッション」 イガラシ イッセイ